テキサスに自動車とエネルギーと金融の視察に来てみた。

テキサス。

 

3ヶ月前には、ヒューストンでトランジットでしたが、

 

今回は、初の上陸です。

 

 

 

「経験コレクター」

 

になる。

 

そして、

 

人を変えて行くのは、

 

いつだって経験値。

 

 

しかも、成功経験よりも、

 

失敗経験の方が、人は実は成長ができるという持論があります。

 

 

さて、

 

テキサス。

 

 

首都はオースティンで、

 

州で最大都市はヒューストン。

 

トヨタのの北米本社が移転で注目されているダラス、フォートワース、プレイノ、フリスコ。

 

そして、年間1,000万人が訪れるサンアントニオ。

 

テキサス、そしてアメリカの独立を語るまでは外せないエリアです。

 

テキサスの魅力は何と言っても、

 

新エネルギーです。

 

シェールガスの採掘から、石油も採油量が中東に並ぶもしくは超えているかも。

 

で、自国で全てが賄えるという流石、アメリカの国力です。

 

 

初日は、ANA便で成田からヒューストンへ。

 

そして、そのままユナイテッド航空でサンアントニオへ。

 

明日は午後から、サンアントニオからダラスへ向かい、

 

3泊してからヒューストンで1泊します。

 

 

帰国は日本時間で、1/16(月)17時予定です。

 

 

 

サンアントニオ、リバーウォーク。

 

今の所、可能性を感じているのはやはり、

 

アメリカの自動車産業とIoTのコラボ。Google,Tesla Motors

 

エネルギー分野。Exxon Mobil

 

そして、不動産。

 

テキサスと言う土壌そのもの。

 

 

繰り返しになりますが、

 

エネルギーと自動車の産業革命的な話は、

 

近々ですね。たぶん。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)