中国投資家の海外株式投資。

日経紙の国際枠にありますが、

 

中国投資家の海外投資が堅調との話。

 

王建林氏の例も挙げながらの記事です。

 

すなわち、益を株式に投資して行くことで、拡大して行ったのが、

 

ソフトバンクさんや、中国の企業。

 

勿論、他にもありますが。

 

M&Aや株式を取得して拡大して行く。

 

これは、あるものを、買い取って、増やして行くということなので、

0→1よりも確実に早いです。

 

そして、レバレッジも効くのが株式投資です。

 

と、言うよりも、投資という概念より、拡大するためには、

 

という考え方。

 

投資は手段でしかない。

勿論、規模によって、選択肢は異なる。

 

ここ20年は急速な経済発展に支えられ、

不動産やIT企業の新規公開株によるIPOからのゲインが多かったが、

 

目線は、振り切って海外投資に移行しているという話です。

 

学べることは、

経済成長の段階と、バブルが落ち着いた経済の攻め方や、

お金の流れ方は、「異なる」ということです。

 

今、世界のどこにお金が集まっているのか??

img_4880

 

The international frame of the Nikkei paper has it,

A story that the overseas investing of Chinese investors is steady.

It is an article while I give the example of Wang Gon Rin.

In other words, what spread by investing gain in stocks

SOFTBANK and a Chinese company.

Of course there is it elsewhere.

I acquire mergers and acquisitions and stocks and spread.

Because this buys a certain thing and is to increase it,

It is early more surely than 0 → 1.

And it is equity investment that the leverage works.

To spread than a concept called the investment than I say ,

way of thinking.

The investment is only means.

Of course the choice varies according to a scale.

It is supported for these past 20 years by rapid economic development,

There were many gains from real estate and the IPO by the new publicly traded stock of the IT company,

It is a story to reject the glance, and to shift to overseas investing.

That I can learn,

How to attack economy that a stage and a bubble of the economic growth were settled down to,

It means, the flow of money “is different”.

Does money gather world where now? ?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)