100%の力出し切って、ダメなら何も言わない。

100%の力、出し切ったのかって。

 

 

100%で、今までやってきたことを100%出したのかって。

 

そのために、今日のために今までやってるんじゃないのって。

 

 

いつもやっているトレーニングは、何のためだったのって。

 

 

自分たちの持てる1005出して、ダメなら、

 

今までの姿勢から考え方からやり方からトレーニングから間違ってたよね。

 

もう一回、見直さないといけないよね。

 

 

闘い方もね。

 

 

でもね、お前たちは、100%の力出し切っての??

 

って。

 

今まで自分たちが頑張って来た事の100%を出したの??

 

って。

 

 

勝てる試合もあれば、負ける試合もあるよねって。

 

 

スポーツも、ビジネスも。

 

 

でもねって、

 

 

そもそも100%で、持てる力出して、その結果なのか。

 

 

そもそも、100%出せなくて、それなのか。

 

 

100%出して、それなら、初めて反省ができて、

 

初めて改善ができるんだよね。

 

 

そもそも100%出せない状態で、

 

 

次の新しい1歩は生まれない。

 

 

それで、結果出せたから人として凄いのかも違うし、

 

それで結果出せなかったから人としてダメなのかも違う。

 

 

そもそも、人という枠で見る時に、

 

 

端的にそこだけで見てはいけない。

 

 

言いたいことは、可能性しかないってこと。

 

 

という、一旦メモ。

 

main62

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)