15分のアポイント。15 minuites appointment.

アポイントって、普通30分~60分枠くらいだと思うじゃないですか。

 

でも、それって決めつけていますよね。

 

スケジュール詰めている人とか、

 

時間をリソースだと強く意識している人が、

 

この世の中には存在しているということ。

 

 

時間に対する意識なので、

 

個人差があるのだけど。

 

やはり、アポイントってコミュニケーションなわけだから、

 

なるべくお互いが近寄らないといけない。

 

 

で、

 

 

レベル高くなってくると、

 

 

本当に15分しか、時間いただけなかったり、

 

 

15分しか時間取れなかったりする。

 

 

で、

 

 

言いたいことは、

 

 

15分で伝えたいこと伝えられなかったり、

 

 

15分でヒアリングしたいことできなかったり、

 

 

15分で時間を活用できなかったら、

 

 

貴方は、何分あっても時間を活用できない人です。

 

 

 

意識すること。

 

そして、実践すること。

 

 

相手の立場になれば、それは必ず自分の身になる。

 

 

コミュニケーションじゃねーか。

 

ね、

 

 

コミュニケーションしよう。

 

 

11359-02

 

When appointments are usually frames for from 30 to 60; right?

But it labels it.

With a person cutting down a schedule,

The person who is strongly conscious of time when it is a resource,

Existing in this world.

Because it is consciousness for the time,

There is individual difference.

After all because an appointment is the reason that is communication,

Each other should approach if possible.

Well

When a level becomes higher,

Only for 15 minutes, I can really have at time and,

I can get only 15 minutes at time.

Well

Wanting to say,

Stream down it in 15 minutes and is not told with a drum and,

Hear it in 15 minutes; with a drum,

If I cannot utilize time in 15 minutes,

It is the person who cannot utilize time even if there is you how many minutes.

Be conscious.

And practice it.

It becomes one’s body by all means if I put myself in the partner’s shoes.

Communication .

You see

Let’s communicate.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)