2016年 4月 の投稿一覧

フランチャイズシステムのわかり易い概念。

フランチャイズシステムの概念と推移は、
業界に関係なくとも知っておいて損はない。

むしろビジネスマンであれば、
業界問わず仕組みを把握する必要がある。

何故ならば、知的財産の共有サービスだからである。
知的財産の共有という概念は、アメリカやヨーロッパなどに、
文明起源の先進国では常習として文化がある。

簡単に言うと、「モノではなく、コトに対価を支払う」という概念です。

フランチャイズシステムは実は、私たちの日常に広く。
そして深く関わりを持っています。

外出している一日であれば、ほぼ100%の割合で、
人は1回は日常でフランチャイズに触れています。

アメリカから学べることは3つ。
①Finance (金融)
②Internet (IT)
③Franchise (フランチャイズ)

何れも世界に広まっている在庫を抱えない、
知的商材です。

そして、それらは全てアメリカがキーを握っています。

 

I know a concept and the change of the franchise system regardless of the industry, and there is not the loss.

Rather it is necessary to grasp device regardless of the industry if it is a businessman.

This is because it is joint ownership service of the intellectual property.
As for the concept of the community of the intellectual property, a common custom includes culture in the developed country of the civilization origin in the United States or Europe.

Briefly, it is a concept “to pay value to Koto not a thing”.

In fact, the franchise system is wide for our daily life.
And I have a relation deeply.

For one day going out, the person touches the home field by daily life at the rate of approximately 100% once.

Three that I can learn from the United States.
①Finance (finance)
②Internet (IT)
③Franchise (franchise)

It is intellectual quotient materials holding stock spreading out in the world neither.

And, as for all of them, the United States holds a key.

フランチャイズの考え方。Simplish株式会社【フランチャイズパーク】

【重要まとめ】※フランチャイズパーク

オーナーとしてフランチャイズビジネス、
そしてフランチャイズシステムを利用することは、
ある種「投資」的要素があります。

それは、「幾ら投資をして、幾ら、いつまでにリターンが見込めるか」を、
定量的に判断する必要があります。

オーナーにとってフランチャイズ加盟の代表的メリットは、
①ノウハウと商標利用の権利を得て、収益までの時間を買うこと
②既存事業と派生するフランチャイズを選択すれば、レバレッジが見込める

逆にデメリットは、
①人、立地、季節要因が外部要因となり得、なかなか計画通りに進まない可能性がある。
②人の部分での成果の振れ幅が大きい

です。

戻ると、フランチャイズ加盟に於いて大切なことは、

「幾ら投資をして、幾ら、いつまでにリターンが見込めるか」を、
定量的に判断する必要があります。

そして、その判断基準は、

①実際に加盟しているオーナーの話を聞く
②立地や季節要因を実際に体感してみる(下見、シミュレーション)

です。

 

The way of thinking of the franchise. Simplish Co., Ltd. [franchise park]

[important summary 】※ franchise park]

As for using franchise business and a franchise system as an owner, an element of “investing it” is it in a certain kind.

As for it, it is necessary to judge it quantitatively “I invest it, and how much you can anticipate a return how much by when”.

For an owner the representative merit of the franchise participation,
①With know-how and a right of the trademark use, buy time to profit
②I can anticipate leverage if I choose existing business and a franchise to be derived

Adversely the demerit,
①A factor can become the outside factor in a person, a location, a season and may not readily advance As scheduled.
②Touch width of the result in the part of the person is big

Being important in franchise participation when I come back,

it is necessary to judge it quantitatively “I invest it, and how much you can anticipate a return how much by when”.

And the criterion,

①I really hear the story of an owner joining it
②I try to really sense a factor bodily in a location and a season (preliminary inspection, simulation)

人材紹介で転職に於いて大切なことは、目標を具体的な数字で話すこと。

人材紹介をしている中で、出逢う人は、

 

「なんとなく、今から脱したい」

 

ということ。

 

「なんとなく環境を変えたい」

 

ということ。

 

ではなくて、

「2016年12月までに年収800万円の仕事をして、

4,000万円の住宅ローンを組んで住宅を購入します」

みたいな。

なるべく数字でものごとを話す習慣が大切です。

 

これは、一般の仕事にも言えて、

例えば生命保険の営業マンが、

自分の平均単価が月20,000円だとするなら、

年間目標の2,000万円をを販売するには、

100組の加入が必要で、

12ヶ月で均等割すると、

だいたい8件/月くらい。

 

それを週で割ると2件/週だから、

アポから契約までの比率が50%だとすると、

4件/週はアポイントを取って人に合わないとNGだったりする。

 

と、まあ、これはざっくりの仕事の目標だけど、

日常でもマネジメントでも一貫しています。

 

目標を具体的な数字で話せた時、飛躍する準備ができているのではないでしょうか??^^

勿論、気持ちの部分。感情の入れ具合も大切です。

 

The person who meets while I do a talented person introduction,

“I want to escape from it now somehow”
“I want to change environment somehow”
Then there is not it and,

“I do work of yearly income 8 million yen by December, 2016” and,

I make a home loan of 40 million yen and purchase a house

I am.

A custom to talk about things with a number is important as possible.

This can say to general work and,

For example, a salesman of the life insurance,

If one’s mean unit price is 20,000 yen a month,

To sell 20 million yen をを of the annual aim,

100 sets of participation is necessary,

When I make equal distribution in 12 months,

In about eight / months.

Because it is two / weeks when I break it in a week,

If the ratios from an appointment to a contract are 50%,

When I make an appointment in four / weeks and do not match a person, it is NG.

It is an aim of the about work,

Even the management is consistent even every day.

When you were able to talk about an aim with a concrete number, are you not ready to make rapid progress? ? ^^

Of course it is the part of the feeling. The case condition of feelings is important, too.

なぜ、人材紹介に参入するのか?? Simplish株式会社(シンプリッシュ)

Simplishとして人材紹介に本格参入したわけだけど、

これは結論から言うと、今までの事業の総力戦だと感じています。

 

インターネットが得意な人材がリアル世界に参入する。

リアル世界が得意な人がインターネットに参入する。

これは、実はどちらもニーズが合って、

どちらだけでもNGなわけなんだけど、

 

人材紹介業に関しては、こと、「人間力」が重宝される。

そして、それは明確に数字に反映される。

 

基本的に単価が高い商品というのは、利益がたくさんでる。

利益がたくさん出るということは、

基本的には報酬が高くなる。

報酬が高くなれば、基本的には水準の高い生活ができる。

 

ウェディング、新車、分譲不動産、生命保険、ビル…

 

世の中には単価が高い商材は数多く存在する。

 

そして、そこには単価の高い商材を取り扱う人が、

多く存在する。

 

「人間力」

 

こんな力に溢れた会社組織にしていくために、

Simplishの創業精神である。

「考える企業」ということからはブラさずに、

知識財産に特化して、今後もSimplishを経営して行きます。

 

優秀な人材は、どんな会社に集まるのか??

 

本質的な部分から経営者や採用担当者は考えなければ、

応募者や求職者、もっと言うと、ユーザーは良く見ているので、

薄い採用になってしまう。

 

Simplish(シンプリッシュ)が人材紹介でホライズン・コンサルティングと業務提携「人事」「法務」「経営企画」などの本社機能の人材紹介に特化

 

 

そんな想いで、人材紹介に参入していますし、

何度も言うけど、これからの時代は会社設立もし易くなり、

更に何ができるのか、何を生み出せるのか。

 

が、価値になる。

 

そして、皆に疑問を持たれるくらいのやり方でないと、

皆に容易に賛同されるくらいの思考では、

あまり有益なものは生み出せない。

何故かと言うと、予測が難しいスピード感のある時代だからこそ、

新しい考え方で生み出し続けていくしかないのである。

 

 

 

I entered the talented person introduction in earnest as Simplish,

Judging from a conclusion, this feels that it is an all-out war of the conventional business.

A talented person good at the Internet enters the rial world.

A person good at the rial world enters the Internet.

In fact, needs matches this both and,

Though either is the reason that is NG,

About the talented person introduction business, it is useful a thing, “a human being power”.

And it is reflected to a number definitely.

Profit is over the product which is high in unit price a lot basically.

Profit appearing a lot,

A reward rises basically.

If a reward rises, I can live life that it is high in the standard basically.

Wedding, new car, sale in lots real estate, life insurance, building…

There are a lot of quotient materials who is high in unit price in the world.

And the person who handles quotient materials having high unit price there,

I exist a lot.

“Human being power”

To make the company organization which overflowed for such power,

It is establishment of a business mind of Simplish.

From the thing called “a thinking company” nodisturb,

I am specialized in knowledge property and will run Simplish in future.

What kind of company do the excellent talented people gather in? ?

A manager and the adoption person in charge must think from an essential part,

Because, an applicant and a jobseeker, users consider that they say well more,

Is thin; is adopted.

Simplish( シンプリッシュ) is a talented person introduction and is specialized in the talented person introduction of the head office functions such as horizon consulting and the business tie-up “personnel affairs” “legal affairs” “management plan”

In such thought, I enter the talented person introduction and,

Though I say many times, it becomes easy to do the company establishment in the coming times,

Furthermore, what can you produce what is made?

But, it becomes the value.

And when it is not a way as everybody has a question,

In the thought as it is approved of everybody easily,

I cannot produce the too useful things.

Simply because it is the times with the sense of speed that a prediction has difficult when I say why it is,

I cannot but continue bringing by a new way of thinking.

人材紹介を通じて思うこと。目標を数字化するという技術。

人材紹介。

の事業を2016年のSimplishとしての柱として創って行くんだけど、

まず、今の時代、仕事を探している人と、人を採用している会社が、

とにかく多い。

人材紹介業界が潤うのもわかるし、

各企業にとって理想の人材をマッチングさせることに対して、

ものすごく価値がある。

仕事を探している人で思うことは、

とにかく学歴があって、良い会社に入って、

だけど、何かやりきれない想いで仕事をしている人が多い。

 

そんな中で本質的に求められていることは、

 

どんな仕事がしたくて、どんな人材になっていきたいのか??

と、いうことを定量的に数字で目標設定をして行くということ。

 

そして、なるべくキャッチフレーズを創るということ。

30歳までに年収1,000万円を得て、

1人目の子どもを育てる。

 

ということを成し得るために、To DOを明確にして行く。

 

目標設定、やる気を持続させる。

視えないことを、数字に落とし込んで視える化して行くことが、

非常に大切です。

 

目標設定。

あくまでも、ここの数字の部分をずらさずに設定していくということ。

ここに拘りを持って、やり切っていくことが大切です。

人材紹介でもインターネットの制作でも、

全ての目標を数字に置き換えて行く。

人材紹介を通じて転職活動を行っていくことで必要なことは、

目標ややるべきことをざっくりのキーワードと数字で目標の具現化をしていくことです。

 

ごく当たり前の話なんですけど、

一度、自分なりに考えて行くと良いかもしれませんね^^

 

Why doは技術なんです。

全ては技術。考え方とか、やり方、全部、実は技術。

 

A talented person introduction.

I make business as a pillar as Simplish of 2016,

At first the company which employs a person and the person who are looking for work in the present times,

Anyway, there is many it.

I understand that the talented person introduction industry is moistened and,

For letting a talented person ideal for each company make matching,

There is value very hard.

Feeling the person who is looking for work,

Anyway, there is educational background, and enter the good company,

But there are many people working in some unbearable thought.

Meanwhile, what is demanded essentially,

I want to do what kind of work, and what kind of talented person do you want to become? ?

Setting the goal of , saying with a number quantitatively.

And making a catch phrase if possible.

Get yearly income 10 million yen by 30 years old,

I bring up the first child.

I make To DO clear to be able to make .

I let goal setting, a motivation last.

Plunge you into a number, and can see that cannot look; becoming it,

Very important.

Goal setting.

Setting it without moving the part of the number here to the last.

With feelings, what I finish is important here.

Even a talented person introduction is production of the Internet, but,

I replace all aims with a number.

The thing that is necessary by working on a change of job through a talented person introduction,

It is to embody the aim with aim to do keyword and a number.

It is an extremely natural story,

When think for oneself once; better good ^^

Why do is a technique.

All is a technique. In fact, a way of thinking or a way, it is all a technique.

アインシュタインさんの名言が響きするので一旦、メモ。Because a wise remark of Einstein performs a sound, I put it down once.

相対性理論などを提唱し、現代物理学の父と称される。

幼少の頃は、数学に関しては突出した才能を示したが、

言葉を理解したり、話したりすることは苦手だった。

1922年の訪日の途中にノーベル物理学賞を受賞。

おとなしく、生真面目な性格であり、自身を天才であるとはいささかも思っていなかったという。

 

アルベルト・アインシュタイン(1879年~1955年)

ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。米国TIME誌のパーソン・オブ・ザ・センチュリー(20世紀の人)に選出される。

 

キャプチャ

 

アインシュタインという先輩は、

発達障害があったと言われています。

なので、大人になっても、常に疑問を持っていた、と。

いま、大人になって、改めてナチュラルに生きることの大切さを実感しているし、

シンプルにナチュラルに発想することで、

クリエイターは力を付けて行くのかなと考えています。

 

名言・格言まとめ

 

大切なのは、

疑問を持ち続けることだ。

神聖な好奇心を失ってはならない。

 

大切なのは、

疑問を持ち続けることだ。

神聖な好奇心を失ってはならない。

 

自分自身の目で見、

自分自身の心で感じる人は、

とても少ない。

 

天才とは努力する

凡才のことである。

 

過去から学び、

今日のために生き、

未来に対して希望をもつ。

大切なことは、

何も疑問を持たない状態に

陥らないことである。

 

挫折を経験した事がない者は、

何も新しい事に挑戦したことが

無いということだ。

 

私は、それほど賢くはありません。

ただ、人より長く

一つのことと付き合ってきただけなのです。

 

空想は知識より重要である。

知識には限界がある。

想像力は世界を包み込む。

 

私には特別な才能などありません。

ただ、ものすごく好奇心が強いだけです。

 

成功という理想は、

そろそろ奉仕という理想に

取って替わられてしかるべき時だ。

 

教えるということは、

こちらが差し出したものが

つらい義務ではなく

貴重な贈り物だと

感じられるようなことであるべきです。

 

常識とは十八歳までに身につけた

偏見のコレクションのことをいう。

 

何かを学ぶためには、

自分で体験する以上に

いい方法はない。

 

学べば学ぶほど、

自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。

自分の無知に気づけば気づくほど、

より一層学びたくなる。

 

一見して

馬鹿げていないアイデアは、

見込みがない。

 

知的な馬鹿は、

物事を複雑にする傾向があります。

それとは反対の方向に進むためには、

少しの才能と多くの勇気が必要です。

 

大切なのは、

自問自答し

続けることである。

 

6歳の子供に説明できなければ、

理解したとは言えない。

 

困難の中に、

機会がある。

 

人の価値とは、

その人が得たものではなく、

その人が与えたもので測られる。

 

人生には、二つの道しかない。

一つは、

奇跡などまったく存在しないかのように生きること。

もう一つは、

すべてが奇跡であるかのように生きることだ。

 

成功者になろうとするのではなく、

むしろ価値のある人間になろうとしなさい。

 

人生とは自転車のようなものだ。

倒れないようにするには

走らなければならない。

 

ものごとはできるかぎりシンプルにすべきだ。

しかし、シンプルすぎてもいけない。

 

同じことを繰り返しながら、

違う結果を望むこと、

それを狂気という。

 

知識人は問題を解決し、

天才は問題を未然に防ぐ。

 

誰かの為に生きてこそ、

人生には価値がある。

 

愛は、義務より

良い教師である。

 

優れた科学者を生み出すのは

知性だと人は言う。

彼らは間違っている。

それは人格である。

 

シンプルで控えめな生き方が、

だれにとっても、

体にも、心にも、

最善であると信じています。

 

人が恋に落ちるのは、

万有引力のせいではない。

 

可愛い女の子と一時間一緒にいると、

一分しか経っていないように思える。

熱いストーブの上に一分座らせられたら、

どんな一時間よりも長いはずだ。

相対性とはそれである。

 

男は結婚するとき、

女が変わらないことを望む。

女は結婚するとき、

男が変わることを望む。

お互いに失望することは不可避だ。

 

無限なものは二つあります。

宇宙と人間の愚かさ。

前者については

断言できませんが。

 

科学はすばらしいものだ。

もし生活の糧を

そこから得る必要がないのなら。

 

宇宙について

最も理解しがたいことは、

それが理解可能だということである。

 

私の学習を妨げた唯一のものは、

私が受けた教育である。

 

すべての宗教、芸術、科学は、

同じ一つの木の枝である。

 

正規の教育を受けて

好奇心を失わない子供がいたら、

それは奇跡だ。

 

宗教なき科学は

不完全であり、

科学なき宗教は

盲目である。

 

この世は危険なところだ。

悪いことをする人がいるためではなく、

それを見ながら、

何もしない人がいるためだ。

 

人間性について

絶望してはいけません。

なぜなら、私たちは

人間なのですから。

 

I propose the theory of relativity and am called modern physical father.

I showed projecting talent about the mathematics in one’s childhood,

I understood words, and it was hard to talk.

I win Nobel Prize in Physics in the middle of a visit to Japan of 1922.

I have a very earnest character, and it is said that I did not in the least think own to be a genius quietly.

Albert Einstein (1879 through 1955)

A Germany-born Jewish theoretical physicist. It is picked in a person of the century of the American TIME by (person of the 20th century).
A senior called Einstein,

It is said that there was a developmental disability.

So when I always had questions even if I became an adult.

I become an adult and it is natural and realizes the importance of living some other time now and,

In being simple, and being natural, and considering,

I think whether the creator acquires power.

Wise remark, proverb summary

Important one

It is to continue having a question.

You must not lose holy curiosity.

Important one

It is to continue having a question.

You must not lose holy curiosity.

Judging from own eye,

A person to feel to be own heart,

There is very few it.

I make an effort with the genius

It is a man of average ability.

I learn from the past,

I grow for today,

I have hope for the future.

The important thing,

In a state not to have any question toward

It is what I do not fall into.

The person who has not experienced a failure,

Anything having challenged a new thing

It means that few.

I am not so smart.

But it is longer than a person

I only went out with one thing.

The imagination is more important than knowledge.

Knowledge has a limit.

The imagination surrounds the world.

I do not have special talent.

But curiosity is extremely only strong.

The ideal called the success,

Soon in an ideal called the service

It is time when I take it and should be replaced.

Tell me,

The thing which this held out

Not hard duty

When it is a precious present

It should be what is felt.

I wore it by 18 years old with the common sense

I say correction of the prejudice.

To learn something,

Than I experience it by oneself

There is not the good method.

I learn if I learn,

It is realized how ignorant oneself is.

I notice if I notice one’s ignorance,

I want to learn still more.

At a glance

The idea not to be stupid,

There is not possibility.

An intellectual fool,

It tends to complicate things.

To advance to the direction opposite to it,

Little talent and much courage are necessary.

Important one

I talk to myself

It is to continue it.

I must be able to explain it to a 6-year-old child,

It cannot be said that it was understood.

In difficulty,

There is an opportunity.

With the value of the person,

Not the thing which the person got,

It is measured in the thing which the person gave.

The life has only two ways.

Nothing,

Live for miracles as if you do not exist at all.

One more,

It is to live as if all is a miracle.

I am not going to become a winner,

Rather be going to become a valuable human being.

The life is something like bicycle.

To prevent it from falling down

You must run.

Things should make it simple as possible.

However, it must not be too simple.

While repeating the same thing,

Expecting a different result,

Insanity means it.

The intellectual solves a problem,

The genius prevents a problem.

If I live for somebody,

The life has value.

The love than duty

It is a good teacher.

Producing superior scientists

The person says that it is intelligence.

They are wrong.

It is a personality.

Simple, modest way of life,

For nobody,

To a body in a heart,

I believe that it is the best.

A person falling in love

It is not result of the universal gravitation.

When I am with a pretty girl together for one hour,

Only one minute seems to pass.

If I am made to sit down on a hot stove for one minute,

It should be longer than what kind of one hour.

The relativity is it.

When the man marries,

I wish a woman does not change.

When the woman marries,

I wish a man changes.

It is unavoidable to be disappointed in each other.

There are two infinite things.

Space and human stupidity.

About the former

I cannot assert.

The science is splendid.

Bread of the life

If it is not necessary to get it from there.

About space

It being hard to be understood most,

It is to be able to understand it.

The only thing which disturbed my learning,

It is the education that I received.

All religion, art, science,

It is the branch of the tree of same one.

Receive regular education

If there is the child who does not lose curiosity,

It is a miracle.

The science without the religion

Incomplete,

The religion without the science

Blind.

The world is a dangerous place.

This is not because there is a person doing a bad thing

While watching it,

This is because there is a person doing nothing.

About human nature

You must not despair.

We

Because it is a human being.

 

マーケティングの考え方。A way of thinking of the marketing.

色んな人がいて、色んな考え方あるんだけど、

基本的にマーケティングって、営業なわけね。

 

営業デキる人って、マーケティングもできるだろという仮説は、

一般的にはあるんだけど、あくまでも、

マーケティング部みたいな感じでマーケティング専門です、

みたいなポジションを作りたがるのは、世の中の一般論です。

 

で、

マーケティングは、集客とか契約とか、売上を上げるにはどうすれば良いのか??

みたいなことが主なんだけど、

そもそも難しく考え過ぎで、難しいこと言ってるんだけど、

実はめちゃめちゃ簡単なことしか言っていない、みたいな人が多い訳よ。

 

マーケティングで一番大切なことって、

「お客様は誰なんですか??」

 

って、ことでしょ??

 

これは営業でもそうです。

お客様を定義付けれていない人は、

仕事が取れませんし、自分ができる、やれる仕事が何なのかさえわからないので、

自分が何なのかさえ、わからず震えている15の夜~♬

状態です。

 

「お客様は誰ですか??」

 

いわゆるデキる仕事パーソンや、デキるマーケッターは、

ものごとを

 

常にシンプルに考えています。

常にSimplishな思考法です。

 

形式にとらわれず、本質で仕事しよう。

 

キャプチャ

There are various people, and there are various ways of thinking,

Marketing is the reason that is business basically.

The person that business is able the marketing to hope hypothesis,

Even if though it is common, I open,

It is specialized in marketing for the feeling such as the Marketing Department,

It is generalization in the world to want to make the position that is.

Well

What should the marketing do to raise pulling in customers or a contract or sales? ?

It is important to be,

In the first place I take too much seriously and say a difficult thing,

In fact, it is the reason why there are many people who is saying only a very simple thing.

The thing that is the most important by marketing,

“Who is a visitor?” ? 」

Hey, is it a thing? ?

This is so by the business.

The person who cannot define a visitor,

Because I do not know it what work to be able to do that I do not get work, and oneself can do is,

Oneself is … ♬ at 15 night when I shake without knowing what it is

It is a state.

“Who is a visitor?” ? 」

So-called able work person and able Marketter,

Things

It is simple and always thinks.

It is always the thinking process that is Simplish.

Let’s work in essence without being seized with a form.

 

That’s all,thank you.

【2016最新まとめ】徳川家康の名言が響き過ぎる件。Wise remark of Ieyasu Tokugawa

「世界史上 例をみない平和国家」で「究極の循環型社会」、また「文化の成熟期」でもあった徳川時代。

江戸時代の礎を築き上げた、

徳川家康

の生涯名言まとめが、今の時代に響く。

 

名言・格言

 

世におそろしいのは、

勇者ではなく、

臆病者だ。

 

戦いでは強い者が勝つ。

辛抱の強い者が。

 

多勢は勢ひをたのみ、

少数は一つの心に働く。

 

いくら考えても、

どうにもならぬときは、

四つ辻へ立って、

杖の倒れたほうへ歩む。

 

得意絶頂のときこそ

隙ができることを知れ。

 

決断は、実のところ

そんなに難しいことではない。

難しいのはその前の熟慮である。

 

人は負けることを知りて、

人より勝れり。

 

人生に大切なことは、

五文字で言えば

「上を見るな」。

七文字で言えば

「身のほどを知れ」。

 

己を責めて、

人を責むるな。

 

いさめてくれる部下は、

一番槍をする勇士より値打ちがある。

 

天下は天下の人の天下にして、

我一人の天下と思うべからず。

 

重荷が人をつくるのじゃぞ。

身軽足軽では人は出来ぬ。

 

家臣を扱うには

禄で縛りつけてはならず、

機嫌を取ってもならず、

遠ざけてはならず、

恐れさせてはならず、

油断させてはならないものよ。

 

家臣を率いる要点は惚れられることよ。

これを別の言葉で心服とも言うが、

大将は家臣から心服されねばならないのだ。

 

最も多くの人間を喜ばせたものが、

最も大きく栄える。

 

われ志を得ざるとき

忍耐この二字を守れり。

われ志を得んとするとき

大胆不敵この四字を守れり。

われ志を得てのち

油断大敵この四字を守れり。

 

愚かなことを言う者があっても、

最後まで聴いてやらねばならない。

でなければ、

聴くに値することを言う者までもが、

発言をしなくなる。

 

大事を成し遂げようとするには

本筋以外のことはすべて荒立てず、

なるべく穏便にすますようにせよ。

 

願いが正しければ、

時至れば必ず成就する。

 

滅びる原因は、

自らの内にある。

 

滅びる原因は、

自らの内にある。

 

不自由を、常と思えば、

不足なし。

心に望み起こらば、

困窮したるときを思い出すべし。

 

人間は、健康でありすぎたり、

得意すぎたりする時にも警戒を要するのだが、

疲れたおりの消極性も

また厳に戒めなければならない。

 

多くを与えねば働かぬ家臣は役に立たぬ。

また、人間は豊かになりすぎると、

結束が弱まり、

我説を押し通す者が増えてくる。

 

大将というものはな、

家臣から敬われているようで、

たえず落ち度を探されており、

恐れられているようで侮られ、

親しまれているようで疎んじられ、

好かれているようで憎まれているものよ。

 

怒ったときには、

百雷の落ちるように怒れ。

 

およそ人の上に立って

下のいさめを聞かざる者の、

国を失い、家を破らざるは、

古今とも、これなし。

 

キャプチャ

 

三つ葉葵

徳川家家紋

Hollyhock

Tokugawa family coat of arms

 

 

It is “ultimate recycling society”, the Tokugawa era that “were opportune time of the culture” again in “the peaceful nation which does not watch world history above instances”.

I built a foundation of the Edo era,

Ieyasu Tokugawa

life wise remark summary sounds in the present times.

Wise remark, proverb

The one which is terrible in the world

Not a brave man,

It is a coward.

A strong person wins by the fight.

A strong person of the patience.

A crowd of people stream hope,

A few acts on one heart.

Even if I think no matter how much,

When it is helpless,

Stand to the crossroads,

I walk it to the one that fell down of the stick.

At the time of pride top

Know that a chance is possible.

The decision, actually

It is not a so difficult thing.

It is mature deliberation of the front of it to be difficult.

The person losing intellect ,

Than a person better.

The thing that is important for the life,

If I say in five characters

“Do not look at the top”.

If I say in seven characters

Know your place.

Blame oneself,

It is responsibility not in people.

The subordinate whom I remonstrate about,

It is worthwhile than a brave man working as the first having done a feat.

The world makes the world of the person of the world and,

You should not think it to be I one world.

A heavy load is person organized.

The person cannot do it in the light common soldiers.

To treat a vassal

You must not tie it with a salary,

It does not become even if I flatter it,

You must not keep it away,

You must not let you be afraid,

The thing which must not let you be careless.

The main point with a vassal is what is admired.

The deep respect means this by different words,

The general must be had a deep respect for by a vassal.

The thing which delighted most human beings,

It most greatly prospers.

When I do not get I will

It is saved in this patience two characters.

When I am going to get I will

It is saved in this audacity four characters.

After advantageous for I will

It is saved Carelessness is our greatest enemy in these four characters.

Even if there is a person saying a stupid thing,

You must listen till the last.

Otherwise,

Even as for the person saying that I deserve it if I listen,

I do not make a remark.

To be going to accomplish a serious matter

All the things except the main subject do not raise it,

Finish it as possible gently.

If a wish is right,

I accomplish it by all means if I reach it at time.

The cause to fall,

There is it to the house of oneself.

The cause to fall,

There is it to the house of oneself.

If I think inconvenience that it is usual,

There is no lack.

happened desired in a heart,

You should remember poverty does.

A human being is too much healthy and,

When it is too proud, I need caution,

As for the passiveness of a worn-out cage

In addition, you must admonish him severely.

The vassal who does not work if I do not give most is not useful.

In addition, when a human being becomes too much rich,

Unity weakens,

People persisting in me theory increase.

What’s called general,

It seems to be worshiped by a vassal,

A fault is looked for consistently,

It seems to be afraid and is despised,

It seems to be got close and is neglected,

The thing which it seems to be liked, and is hated.

When I was angry,

As a hundred claps of thunder come off, be angry.

Quite lead others

Of the little person who I am, and does not hear a shark,

Lose a country; a house lost,

With the ancient and modern times, there is no this.

 

 

徳川家康―将軍家蔵書からみるその生涯―国立公文書館

元和2年(1616年)、駿府城にて死去する。享年75。

2016年。

徳川家康公薨去四百年という記念の年に、

家康公が礎を築いた「世界史上 例をみない平和国家」で

「究極の循環型社会」、また「文化の成熟期」でもあった徳川時代

 

東京都の皇居付近にある、

国立公文書館

に、徳川家康、平成28年春の特別展を見に行きました。

 

まだまだ桜が見れましたね。

 

キャプチャ

 

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。

急ぐべからず。

不自由を常と思えば不足なし。

こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。

堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。

勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。

おのれを責めて人をせむるな。

及ばざるは過ぎたるよりまされり。

 

He die in (1616), Sunpu-jo Castle for Genna two years. Age at death 75.

2016.

To commemorative age called 徳川家康公薨去四百年,

In “the peaceful nation which do not watch world history above instances” where Prince Ieyasu built the foundation

“Ultimate recycling society”, the Tokugawa era that “were opportune time of the culture” again

There is it near the Imperial Palace of Tokyo,

National Archives

I went to watch , Ieyasu Tokugawa, a temporary exhibition of the spring of 2016.

I was able to watch a cherry tree still more.

Minus number beat against the heavy load for the life of the person and seems to go the far-off way.

You should not hurry.

There is no lack if I think inconvenience that it is usual.

You should remember wish happened poverty takes time in a heart.

The patience think the basis of the continuing for a long time, the anchor to be an enemy safely.

It reaches intellect, the minus number comes intellect do not harm body only to win.

Blame oneself; and person do not careful.

And it is not mistake than can.

 

 

日本人が日本を見て世界に発信するブログ。The blog which a Japanese sends to the world to see Japan.

Going abroad, and always thinking,

After all Japan being the most livable.

I think that there is good most There is no place like home partly because I say even if I live even if I go to wherever and,

I think of one’s hometown to be it best.

So far the United States, Asia, Malaysia, Singapore, China, Thailand, Vietnam, Cambodia,

I went to France, Germany, the U.K. and the various countries.

In the United States in particular from New York to California, Puerto Rico.

The Japanese is interested in the world.

I am interested very much.

Even if even if make language study, make culture; for a foreigner different in the appearance,

I show interest very much.

And I eat. I show interest very much.

I see the sights in reference to a book and blog, SNS and a sightseeing book.

Always thinking,

When a Japanese sees the sights of the foreign countries,

The overseas local person does not go very much,

The spot for sightseeing happens quite often.

There are a lot of sightseeing books writing such a thing,

There is not really the book showing the ways of enjoying such as people of the country that is a niche people of the mother country.

You must always ask a person of the country,

Even if an overseas person comes to Japan in the same way,

The place that Japanese do not usually go becomes the popular tourist attraction.

For example, it is Tokyo Tower, Asakusa.

Many Japanese do not go. Rather than sightseeing,

I look from outward appearance.

The person who has really been to Kiyomizu-dera Temple of Kyoto,

I think that there is few it. I think that it is three or four of ten.

(leave out the school excursion of school days)

With the sense of values of the foreign person for it, the sightseeing,

The Japanese sense of values slips off.

So it is really interesting in Japan and,

This blog introduces delicious shop and culture.

Tokyo, Kyoto, Hokkaido, Okinawa, ramen, sushi, Ginza, camera, shopping, Shinjuku, Shibuya, Hiroshima, Nagasaki.

 

日本

 

海外に行っていつも思うことは、

 

やはり、日本が一番住み易いということ。

 

住めば都ということもあって、どこに行っても住んでもそこが一番良いと思ったり、

自分の故郷は一番よく思える。

 

今まで、アメリカ、アジア、マレーシア、シンガポール、中国、タイ、ベトナム、カンボジア、

フランス、ドイツ、イギリスと、色々な国に行きました。

特にアメリカでは、ニューヨークからカリフォルニア、プエルトリコまで。

 

日本人は世界に興味があります。

とても興味があります。

 

語学にしても、文化にしても、見た目の違う外国人に対して、

とても興味を示します。

そして、食事。とても興味を示します。

 

本やブログ、SNSや観光本を参考にして観光を行います。

 

いつも思うことは、

 

日本人が海外を観光するときに、

海外の地元の人はあまり行かないけど、

観光用のスポットというのはよくある。

 

そういうことを書いている観光本はたくさんあるけど、

本当にニッチなローカルの人とか、母国の人の楽しみ方を公開している本はない。

いつもローカルの人に聞かなければいけないんだけど、

同じ様に、海外の人が日本に来ても、

日本人が普段行かないような場所が名物観光スポットになっていたりする。

 

例えば、東京タワー、浅草。

あまり日本人は行かない。観光というよりも、

外目から見たりするだけ。

京都の清水寺も実際に行ったことがある人は、

少ないと思う。10人中3,4人くらいだと思う。

(学生時代の修学旅行は抜かして)

 

それくらい、観光に対する外国の人の価値観と、

日本人の価値観はズレている。

 

なので、本当に日本で面白かったり、

美味しいお店や文化をこのブログでは紹介して行きます。

 

東京、京都、北海道、沖縄、ラーメン、寿司、銀座、カメラ、ショッピング、新宿、渋谷、広島、長崎。