ちょっと時間経ってしまいましたが、

 

ダラスで不動産見ていました。

 

1月上旬くらいです。

 

キャプチャ

 

信頼できる日本人不動産エージェントさんにも恵まれ、

最高の3日間でした。

 

アメリカの不動産を一言で言うと、

 

「デッカい!!」

 

これに尽きます。

 

ダラスやダラス北部のプレイノ、フリスコ、北米トヨタ本社が移転するあたりは、

 

3,000万円~5,000万円(250,000USD~450,000USDくらい)で、

 

映画に出て来るよな、

 

日本で言うと、

 

豪邸。

 

を購入することができます。

 

 

カリフォルニアやハワイは、かなり高値掴みな感じがしますね。

 

 

テキサス。特にダラスやダラスから北のエリアは、

 

まだまだ狙い目なのでは??

 

と、感じています。

 

 

そして、

 

やはり、

 

減価償却の部分。

 

これは日本よりもメリットが大きいです。

 

建物が8~9割償却できますので、

 

償却メリットは大きくて、

 

その分、課税所得を引き下げる事ができます。

 

不動産に関しては、

 

日本とアメリカは全くと言って良いほど、

 

文化が異なるので、

 

 

現地でも見て、日本でも情報を仕入れる。

 

そして、

 

信頼できるビジネスパーソンから購入することが最も賢明です。^^

 

 

毎回言っている事ですが、

 

 

銀行マンにもアマチュアはいるし、

 

金融マンにもアマチュアはいる。

 

そして、

 

不動産屋さんにもアマチュアは、残念ながら存在している、ということです。

 

プロフェッショナルと繋がり続けましょう。^^