たこ焼き屋のフランチャイズ@東京

「フランチャイズ」という選択肢は、手段であり目的ではないという話。

これは、フランチャイズ本部さんにもフランチャイズ加盟検討者さんにも、

 

フランチャイズを紹介している方たちにも一貫して言えることなんですけれども、

 

タイトル通りで、

 

「フランチャイズ」という選択肢は、手段であり目的ではないという話。

 

なんですね。

 

 

フランチャイズ加盟検討者さんから聞かれる一番多い問い合わせは、

 

「どのフランチャイズ本部が加盟するなら良いんですか??」

「○○というフランチャイズ本部って大丈夫ですか??」

 

です。

 

そして、これが圧倒的です。

 

そして、その質問の答えは、結論から言うと、

 

ありません。

 

 

はっ??

 

って感じだと思うんですけど、

 

「ありません。」

 

実は、明確な解というのは無いんですよ。

 

 

では、どう説明できるかと言うと、

 

成功しているオーナーもいれば、花が咲かないオーナーもいるって話なんです。

 

それは、当然確率論で拡大されているフランチャイズ本部程、

 

十人十色。

 

それは、当然そうなので、

 

要は、うまく行っている人もいれば、うまく行っていない人もいるということです。

 

では、どういうフランチャイズ本部に加盟すれば良いんですか??

 

って話に戻るんですけど、

 

実際に話を聞いてみて、

 

「信頼」と「共感」

 

ができるフランチャイズ本部さんに加盟するのがベストです。

 

実は、解はそういう話で、

 

回りくどく説明する必要もない話で、

 

考える程、本質からずれて来るという話です。

 

解は、そういうことなので、考えても悩んでも時間の浪費ですので、

 

直接、話を聞いて回るということで解決されていくと考えています。

 

 

これは、補足ですが、

 

 

金融商品も投資も、

 

必ず資産運用が成功するという話はないと思います。

 

フランチャイズは、ある意味で投資的要素がかなり高い比重であります。

と、言うよりも、

 

フランチャイズは、

 

金融商品とも言えるでしょう。

 

これは、フランチャイズ加盟側にとっても、

 

フランチャイズ本部にとっても。

 

そして、投資的マインドが重視される局面もあります。

 

と、いうよりも、投資的マインドが非常に重要になって来ます。

 

ので、やはり投資の鉄則である、

 

安値でポジションを取って、

 

あとは、

 

自分の判断

 

で。

 

ということが、結局は解です。

 

そして、負けない。

必ず負けないというルールを守る。

 

ちなみに、

 

皆さんに「アグリー」されているステージでは、

まだまだその思考は甘いというのがひとつの考え方です。

 

 

周囲の人たちに、

 

「はっ??」

 

と言われる様な選択が、

 

実は、

 

最もレバレッジが効くのではないかという考え方もあります。

 

ジャッジメントして下さい^^

 

ご自身で。

 

Franchise concept. Chart with keywords and icons

Franchise concept. Chart with keywords and icons

 

This in the franchise headquarters to a franchise participation examination person,

Though it is to be able to say to people introducing a franchise throughout,

According to title,

A subject that the choice called “the home field” is means and is not a purpose.

It is what.

Most inquiries to be asked about by a franchise participation examination person,

“Which franchise headquarters is good if I join it?” ? 」

Is the franchise headquarters called “○○ all right? ? 」
And this is overwhelming.

And the answer to question judging from a conclusion,

There are none.

? ?

I think that it is って feeling,

“There are none”. 」

In fact, there is not the clear solution.

Then when I say how you can explain it,

If there is the succeeding owner, it is a story when there is the owner whom a flower does not bloom.

Franchise which naturally it is probability theory, and is extended,

So many men, so many opinions.

Because it seems to be natural,

The important thing is it means that there is the person who does not get along well if there is the person getting along well.

Then what kind of franchise headquarters should I join? ?

I return to a talk,

Really hear a story,

“Trust” and “sympathy”

But, it is the best to join the established franchise headquarters.

In fact, the solution is such a story,

By the story that is not necessary to be roundabout, and to explain,

It is a talk to deviate from essence so as to think.

Because, such being the case, the solution is waste of the time even if troubled even if I think,

I think that it is settled that direct turn around to hear a story.

This is supplementary,

As for the financial products as for the investment,

I think that there is not the story that asset use succeeds by all means.

In a sense the franchise is the specific gravity that an element of investing it is considerably high in.

Than I say ,

The franchise,

I may say the financial products.

This for the franchise participation side,

For the franchise headquarters.

And there is the situation that mind of investing it is made much of.

Mind of investing it becomes very important than it is said .

After all is an inviolable rule of the investment,

Take the position at a low price,

Afterward,

One’s judgment

is a solution after all.

And I do not lose.

I follow the rule that I do not yield to by all means.

By the way,

“It is ugly” for everybody and is stage,

It is one way of thinking to be more generous in the thought.

To neighboring people,

?” ? 」

The choice that と seems to be said,

In fact,

There is the way of thinking that leverage may work for most.

Please make judgment; ^^

In own.

 

 

フランチャイズを利用するっていう発想が大切なの。

フランチャイズっていうキーワードには、

4年前くらいに出逢って、ITベンチャー企業でWEBメディアとかフェアとか、

イベントとかやって、その後2015年にSimplishというIT企業を自分で株主になって、

立ち上げて、フランチャイズ業界をもっともっとより良くしようと決めて、

それはフランチャイズ本部側だけではなくて、

フランチャイズを利用して事業展開や脱サラをして行く人たちを支援して行くと決めました。

 

世の中には、

 

・解があること

・解がないこと

 

って大きく2つに分けられると思っているんだけど、

フランチャイズに関しては

 

解がない

 

んだよね。

 

だから、色んな価値観やコンサルティングの仕方があって良い訳なんだけど、

何かまとめようとし過ぎっていうか、解がないのに、解を作ろうとしているというか、

正当性を主張して、結局それは利己的な力学が働いて、

一番大切な、

 

フランチャイズ加盟店は儲かっているのか??

 

っていう本質の部分が忘れ去られて、

 

だから、

 

フランチャイズは本部が儲かるよね。

とか、よくわからない話が出て来たり、

良くある話が、フランチャイズに加盟したんだけど、

時間が経過して、フランチャイズ本部と喧嘩別れしたり、

意見が相違してくるわけなんですよ、

 

要は、

 

みんな取り過ぎってこと。

 

フランチャイズ本部は加盟金とロイヤリティを妥当性のある設定値で行っているのか。

フランチャイズ加盟店も、楽して儲けようとか、とりあえずあまり頑張らなくても

フランチャイズだから大丈夫だろうみたいなところが多い。

 

フランチャイズっていうのは、あくまでも仕組みの話だから、

オーナー努力の部分っていうのは実はマストなわけ。

なので、

 

フランチャイズは解がない。

解がないということは、マニュアルがないということ。解を導く方程式もないということ。

 

だから、

 

フランチャイズは利用するっていう発想が大切になるわけ。

 

フランチャイズは利用するんです。。

株式会社ホットランド 佐瀬守男社長 「築地銀だこ」「銀だこスタイル」

最近、半端ないハマっている社長さんがいます。

 

そう。

株式会社ホットランド 佐瀬守男社長

 

です。

 

佐瀬守男社長

 

佐瀬社長は群馬県桐生市で、私も埼玉県出身で、北関東エリアなので、

とーっても興味深い社長です。

 

動画とか、Web記事とか、ひたすら読みあさっていました。

かなり面白いし、ビジネス嗅覚とエッジの効き具合が半端じゃないので、

勉強させて頂いています。

 

いま、旬なポイントでハマっています^^

 

好き嫌いだし、自由なんですけど、

ビジネススタイルと思考は、間違いなく、天才レベルです。

東証マザーズから、東証一部への市場変更。

 

株主や取引先、顧客やお客様への可能性の提示。

 

ハマりまくっています。

「たこ焼き」って進化している。たこ焼き屋のフランチャイズ加盟。

たこ焼き屋のフランチャイズ加盟をいま、

本格的に検討始めています。

 

縁あって、ある会社さんと話しが少しだけ進んでいる段階で、

ブログにはオープンにして行こうと思います。

 

たこ焼きって、ロマン。

たこ焼きって、美味しい。ちょっと普通のたこ焼きとも違うし、

バリエーションの質が高い。

関東風で仕上がっているのかな。

 

非常に面白い、たこ焼き屋です。

 

都内のB級立地で商売を考えていて、

駅近でやりたいってのが強くあります。

 

飲食での実業の実績も付けて、2016年は更に飛躍して行く。

インターネットと飲食の実績を引っ提げて、

必ずアメリカにチャレンジしに行く。

 

その為には、目の前の仕事ひとつひとつを丁寧に納品させて頂くことが重要です。

飲食店は割と失敗する確率が高いと言われている。

 

その中で、たこ焼き屋を選んだ理由と言うのは、

やはり「昔からあるから」です。

 

他にも、そばとかで迷ったんだけど、たこ焼きで絞りました。

 

あとは、人財活用も非常識に捻った、エッジの効いた感じで考えています。

 

メニューも王道商品を軸に、しっかりと利幅を確保するメニューと、

サービスメニューのバランス。

 

あとは、しっかりとお客様の口と感性を満足させることに対して、

徹底追及します^^

 

たこ焼き屋オープンまでは、早ければ早いほど良いけど、

 

じっくりと、

 

肝となる物件とキーマン人財の確保を進めながら、楽しみながら。

 

たこ焼き屋を本格的に創り上げて行きます^^

名前とかも決めていかないと^^

 

たこ焼き屋フランチャイズを検討しているSimplishという東京の会社で、社長は小川壮史

たこ焼き屋フランチャイズを検討しているSimplishという東京の会社で、社長は小川壮史

 

このブログで、進捗とか更新して行きますね^^