ドラフト・スカウト採用

Simplishで新店舗ジュエリーサロンの新マネージャー、オーディション開催中。

「人」「人」「人」。

 

「人は城、人は石垣、人は堀」

 

そう、武田信玄公が言う様に、

 

事業は「人」です。

 

むしろ、何の事業をやるのか??

 

よりも、

 

「人」ありき、で考えた方が良い。

 

そういう考えです。

 

Simplishでは。

 

「人」ありきで事業を展開して行く。

 

これは、古今東西、揺るぎませんね。

 

女性客が多い、ジュエリーショップの新店舗立ち上げ、

 

そして、

 

マネージャーも募集しています。マイナビさんで。

 

マイナビ Simplish

 

※2016年12月14日~2017年1月17日の公開募集です。

 

熱い人、待ってます^^

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

独立に必要な能力。

独立に必要な能力と記しましたが、

 

本質は、メンタル。

 

この部分の必要性と言うものが、あまり重きが置かれていなかったり、

 

根性論と言う言葉で一括りに片づけられている様子があります。

 

私は、Simplish株式会社というIT広告,制作,アプリ開発,人財紹介をメインにした事業領域で

 

会社を設立したわけですが、

 

こうして3期目をもう直、迎えられることができるのも、

 

全て「人」、「人」、「人」。

 

このキーワードに尽きるのではないか、と考えております。

 

 

すなわち、会社設立や事業を行うにあたって、

 

成長市場だとか、将来性だとか、

 

ビジネスモデルが、とか色々なファクターがあるのですが、

 

最も肝となる部分は、

 

事業主の「人柄」や「人間性」の部分です。

 

資金を集め、仲間を集める。

 

この2つができて、始めて事業が営めます。

 

要するに、人間性とか人柄を磨く必要があるわけです。

 

 

それは、君のためなら、と時間もお金も割いてくれる様な、

 

一言で言えば、

 

なんで、そこまでしてくれるの??

 

と言うくらいの上辺ではない、本質的な人としての付き合いをしてくれる人が、

 

どれだけいるか、だ。

 

独立に迷うのは、わかります。

 

何か新しい環境に飛び込むことに迷う気持ちもわかります。

 

 

まず、やってみよう。

 

未来は、誰にもわからない。

 

 

そして、可能性を決めるのは、いつだって、自分自身です。

 

 

今日も一日、頑張りましょう^^

 

 

img_9

 

I wrote it down with necessary ability independently,

The essence is mental.

The thing which the need of this part is remains, and weight is not put and,

There is a state put away in the bundle by the word to be called a nature theory.

In the business domain where I made an IT advertisement called Simplish Co., Ltd., production, application development, a person fortune introduction Maine

I established a company,

In this way the third quarter already direct; as for what can be reached

An all “person”, “a person”, “a person.”

I think that it may be simply this keyword.

In other words, on performing the company establishment and business,

It is a growing market or is a future or

various factor is it in business model,

The part which becomes the liver most,

It is a part of “personality” and “the human nature” of the entrepreneur.

I collect funds and gather friends.

I have these two and I begin it and can run business.

In brief, it is necessary to improve human nature or personality.

It seems to cut both the time and the money for you,

In a word,

Why will you do it to there? ?

The person who associates as the essential person that と is not appearances so as to say,

Is there only which; ?

I understand that I am at a loss independently.

I understand the feeling to be captivated by jumping into some new environment.

At first I will do it.

Nobody knows the future.

And it is oneself even when to decide possibility.

Today is cheer up,too ^^ all day long.

「情報格差」より、「行動格差」が起きている。

まー、とにかく進めない。進まない。進める人もいない。

 

まー、とにかく、リーダーシップを発揮する人もいない。

 

リーダーシップ発揮して、少々集団の和を乱そうものなら、

 

よそ者扱い。

 

人より先に挙手したら、

 

「あいつ、何やる気出しちゃってんの??寒くない??」

 

まー、人に同調得ようとして、話も進まない。

 

話が進まないから、目的は到底達成できない。

 

目的を達成するための手段に必死になって、

 

目的は曖昧なまま、手段に完璧を求める。

 

もっと、リーダーシップ発揮して良いよ。

 

眠っている潜在リーダーは、もっと行動に移して良い。

 

まだまだ、こんなものではないはず^^

 

 

今は、インターネットで誰でもほぼ無料で情報が取得出来る。

 

雑誌や本やテレビでも紹介されている。

 

情報は如何様にも取得する事ができる。

 

地球の裏側のオリンピック情報でさえ、リアルタイムで入って来た。

 

まして、SNSの進化のおかげで、

 

電車やクルマ、喫茶店でも情報が取得出来る。

 

 

そう。

 

自宅のリビングでテレビ見なくても、世界中どこにいても、リアルタイムなんだ。

 

そう考えると、今は昔ほど、「情報格差」というのは起きにくい。

 

そう。便利になった。

 

便利になった代わりに、勉強くんが増えた。

 

知っていることを勘違いして、価値にしてしまった。

 

知っていることと、やったことがあることは雲泥の差。

 

まず、やってみよう。

 

誰よりも、早く行動してみよう。

 

最速か最高かしか、サービスは評価されない。

 

行動、しよう。

 

今、この瞬間、動こう。

 

皆がいつもより、倍速で動いて、倍の範囲で動いたら、

もっと、良い社会になる。

 

行動者が評される世の中に。

 

※結果は必ず、行動から生まれます。

 

※そして、結果というのは事象なので、見る側によって、良し悪しが変わります。

 

041123-N-5345W-015 Persian Gulf (Nov. 23, 2004) - An F-14B Tomcat assigned to the ÒSwordsmenÓ, of Fighter Squadron Three Two (VF-32), launches from one of the waist catapults as another Tomcat prepares to launch from the bow catapults on the flight deck of the Nimitz-class aircraft carrier USS Harry S. Truman (CVN 75).  Truman's Carrier Strike Group Ten (CSG-10) and her embarked Carrier Air Wing Three (CVW-3) is currently on deployment in support of the Global War On Terrorism. U.S. Navy photo by Photographers Mate Airman Kristopher Wilson (RELEASED)

“An action difference” is taking place than “an information gap”.
Anyway, I do not push forward . I do not advance. There is not the person pushing it forward.

Anyway, there is not the person showing the leadership.

If I show it, and a revolt complies by the harmony among few groups the leadership,

I am treated like a stranger.

If I raise my hand earlier than a person,

“Is it that fellow, what motivated appearance ?” ? Is it not cold? ? 」

The story does not keep getting tuning to a person.

Because a story does not advance, the purpose cannot be possibly accomplished.

Become desperate for means to achieve a purpose,

The purpose demands perfection from means with being vague.

You may show more leadership.

The sleeping potentiality leader may put it into more actions.

Cannot be such a thing still more; ^^

Anyone can acquire information on the Internet approximately free now.

I am introduced even a magazine and a book and TV.

Foul play can acquire the information, too.

Even Olympics information of Down Under became available in real time.

Besides thanks to evolution of SNS,

I can acquire information in a train and a car, the coffee shop.

So.

It is real time even if wherever in the world even if I do not look in home living on TV.

As long ago, “the information gap” is hard to rise when I think so.

So. I became convenient.

Instead of having become convenient, study increased.

I misunderstood what I knew and have had value.

It is big difference what I know and to have had done it.

At first I will do it.

I will act earlier than anyone.

The service is evaluated whether it is fastest, or it is the best.

I act, and let’s do it.

At this moment, let’s work now.

If everybody moves in double speed more than usual and works in the range of double,

Is better; social.

In the world where a person of action is commented on.

※The result comes out of an action by all means.

※And the good or bad changes by a side to look at because the result is a phenomenon.

15分のアポイント。15 minuites appointment.

アポイントって、普通30分~60分枠くらいだと思うじゃないですか。

 

でも、それって決めつけていますよね。

 

スケジュール詰めている人とか、

 

時間をリソースだと強く意識している人が、

 

この世の中には存在しているということ。

 

 

時間に対する意識なので、

 

個人差があるのだけど。

 

やはり、アポイントってコミュニケーションなわけだから、

 

なるべくお互いが近寄らないといけない。

 

 

で、

 

 

レベル高くなってくると、

 

 

本当に15分しか、時間いただけなかったり、

 

 

15分しか時間取れなかったりする。

 

 

で、

 

 

言いたいことは、

 

 

15分で伝えたいこと伝えられなかったり、

 

 

15分でヒアリングしたいことできなかったり、

 

 

15分で時間を活用できなかったら、

 

 

貴方は、何分あっても時間を活用できない人です。

 

 

 

意識すること。

 

そして、実践すること。

 

 

相手の立場になれば、それは必ず自分の身になる。

 

 

コミュニケーションじゃねーか。

 

ね、

 

 

コミュニケーションしよう。

 

 

11359-02

 

When appointments are usually frames for from 30 to 60; right?

But it labels it.

With a person cutting down a schedule,

The person who is strongly conscious of time when it is a resource,

Existing in this world.

Because it is consciousness for the time,

There is individual difference.

After all because an appointment is the reason that is communication,

Each other should approach if possible.

Well

When a level becomes higher,

Only for 15 minutes, I can really have at time and,

I can get only 15 minutes at time.

Well

Wanting to say,

Stream down it in 15 minutes and is not told with a drum and,

Hear it in 15 minutes; with a drum,

If I cannot utilize time in 15 minutes,

It is the person who cannot utilize time even if there is you how many minutes.

Be conscious.

And practice it.

It becomes one’s body by all means if I put myself in the partner’s shoes.

Communication .

You see

Let’s communicate.

起業したい人は、代理店に就職しなさい。The person who wants to make a company find a job in the agency.

起業したいなーって思っている学生さんや、20歳代の人が多いです。

 

 

起業するので、お客様が付いてこないと出来ないんですけど、

 

お客さんを付ける一番早い方法は、

 

 

お客さんに直接会える環境を日常から作っておくことです。

 

 

要は、

 

お客さんになってくれるであろう人たちと既に仕事をしていて、

 

 

自分が起業する時に、

 

 

「起業します。○○というサービスやります。是非、乗って下さい」

 

 

これで一撃です。

 

 

つまりは、クライアントさんも、会社と会社の取引でもあるけど、

 

 

人と人の取引でもあるということです。

 

 

そして、

 

 

お客さんが付けやすい業種があります。

 

 

それが、

 

 

代理店です。

 

 

インターネット代理店、テレビの代理店、新聞の代理店…

 

 

代理店は、クライアントとメディアの仲介をしたり、

 

取引業者や知り合う会社の数も必然と多くなります。

 

 

なので、非常にビジネスを立ち上げるには良い環境と言えます。

 

「独立起業したいなー」って考えている人には、

 

代理店で経験値と決断を積むことを薦めています。

 

sunshine-1024x683

 

There are many a student and people in its twenties who think when I want to make a company.

Because I make a company, it is not possible when a visitor does not come,

The earliest method to send a visitor with,

It is to make the environment that can meet a visitor directly from daily life.

The important thing is,

Have already worked with people who will become a visitor,

When oneself makes a company,

“I make a company”. ○I have service called ○. Please get on

It is a single blow in this.

In other words a client is business of a company and the company, too,

It means that it is the business of a person and the person.

And,

There is a type of industry that a visitor is easy to acquire.

It,

It is an agency.

Internet agency, agency of TV, agency of the newspaper…

The agency mediates the media with a client and,

The number of business supplier and companies getting to know increases with necessity.

So it may be said that it is good environment to stand, and to achieve business very much.

To the person who thinks when “I want to make an independent company ,”

I suggest that I acquire an experience level and decision at an agency.

読書は読むな。見ろ。Do not read the book. Look.

読書。

 

これは、深いんだけど、とにかく著者が一生懸命生きて書いた本が、

 

1,000円とか1,500円で知ることができる教養である。

 

多い人で、週に10冊。

 

少ない人で、1ヶ月に1冊とかマチマチだけど、

 

だいたい読書量の目安としては、週に2,3冊でも十分かと思う。

 

 

多読家の人の読書量としては、

 

1日1冊とか、1日2,3冊は普通に読みこなして行く。

 

多読するには、読むのではなく、見る必要がある。

 

見る。

 

 

表紙を見た後、作者の来歴を見る。

 

目次を見る。そして、冒頭から読むのではなく見流す。

 

だいたい、30分~1時間くらいですね。

 

1冊読了するのに。

 

これは慣れれば、必ず身に尽きます。

 

速読に近いですね。

 

これが身につくと、とてつもない読書量になります。

 

 

そして、膨大な読書量を引き出すには、これしかありません。

 

 

そして、世の多くの読書家が実はこれを実践しています。

 

 

本は読むな。見ろ。

 

F2012092008315700742

 

Reading.

The book which, anyway, an author lived in this hard though it was deep and wrote,

It is the culture that I can know for 1,000 yen or 1,500 yen.

In many people, it is ten books in a week.

In few people, it is various with one book a month,

Generally, for the aim of the reading, I think even two or three books whether it is ten minutes in a week.

For the reading of the person of the person of many readings,

Two or three books a day comprehend one book a day commonly.

I do not read to make many readings, and it is necessary to look.

Look.

After having watched a cover, I watch the origin of the author.

I watch a table of contents. And I do not read and look and drain it from the beginning.

Generally it is from 30 minutes to one hour.

So that one book finishes reading.

This is simply the position by all means if used.

Speed reading is near.

When the body has this, it becomes the awful reading.

And there is only this to draw enormous readings.

And, in fact, many readers of the world practice this.

Do not read the book. Look.

 

 

採用面接では面接官を逆に面接しなさい。Have an interview in interview officials in the adoption interview adversely.

「志望理由は??」「どうして当社を??」「将来の目標は??」

 

 

って、企業の採用面接ではよくあるんだけど、

 

思うことは、

 

 

情報共有が一方的過ぎるので、

 

逆に面接担当の人に聞きましょう。

 

でなければ、会社がわからないので。

 

 

質問はありますか??

 

という場面では、

 

 

そうですね。最低5つは質問して下さい。

 

 

「どうして、この会社に入ったんですか??」

 

「いま、やっている仕事のビジョンを教えて下さい」

 

「一言で言うと、どんな会社ですか??」

 

「どんな人を求めていますか??」

 

「どんな人が、いますか??」

 

「トップ営業マンや、トップマーケッターは、どんな人ですか??」

 

 

がっつり聞いてあげて下さい。

 

 

そうでないと、会社のことが理解できるわけがないので。

 

 

images

 

“The desired reason?” ? “We which are why?” ? “The future aim?” ? 」

Hey, it happens quite often in the adoption interview of the company,

Thinking,

Because information sharing is too unilateral,

On the contrary, let’s ask the person in charge of the interview.

Otherwise because I do not understand a company.

Is there the question? ?

In the scene,

Let me see. At least five, please ask you a question.

“Why did you enter this company?” ? 」

“Please tell me the vision of work doing now”

“What kind of company is it when I say with a word?” ? 」

“What kind of person do you demand?” ? 」

“What kind of person is there?” ? 」

“What kind of people are top salesman and Merketter?” ? 」

Please hear it a whole bunch.

If you don’t, because I cannot understand a company.

 

 

人には笑われておきなさい。Be laughed to a person.

人から尊敬されたり、

 

人から褒められたり、

 

人から崇拝されていたりするステージはまだまだ2流かなって思っています。

 

 

人から笑われる領域。

 

 

はっ??

 

 

っていうあの感覚ですね。

 

 

こういうステージの方が良い結果を生み出せると感じています。

 

 

だいたい会議やMTGで全会一致で多くの人にアグリーされる様な話で、

 

驚く様な成果が挙がった試しがありません。

 

人から、

 

はっ??

 

と笑われる様な状態になったとき、

 

成果の最大化。

 

 

そして、イノベーションが起きると考えています。

 

 

人からは笑われておきなさい。

 

 

そうでなければ、

 

 

それは、

 

 

革新的ではない。

 

 

white49

 

It is respected by a person and,

I am praised by a person and,

I think the stage admired by a person whether it is a 2 style still more.

The domain that is laughed at by a person.

? ?

It is sense.

I feel that such a stage can produce good results.

By the story that is almost ugly for many people unanimously in meeting and MTG,

There is no trial that the result that I seem to be surprised at was given.

From a person,

? ?

When became in condition to seem to be laughed,

Maximization of the result.

And I think that innovation happens.

Be laughed from a person.

Otherwise,

It,

It is not innovative.

 

 

太陽の光を浴びなさい。Be under the Sun.

太陽の光が自然の中で最も人に与える影響が大きいです。

 

 

太陽の光は、はっきり言うと良い効果しかありません。

 

ダイエット、代謝アップ、タンニング、内臓器官の増進、セロトニンの分泌…

 

 

とにかく、幸せを感じることができる人体的効能があります。

 

太陽の光を浴びるだけで、良い事しか起きません。

 

 

みるみる、エネルギーが漲って来ますよ^^

 

特に男性は、意識して太陽の光を浴びた方が良いです。

 

 

img_1460901_16215743_0

 

The influence that solar light gives to a person in nature most is big.

The solar light has only the effect that you should say clearly.

Diet, metabolism up, tanning, increase of the internal organs organ, secretion of the serotonin…

Anyway, there is an effect of the human body who can feel happiness.

I only take solar light, and only a good thing happens.

Is filled with energy in a moment^^

The man in particular is conscious and should take solar light.