フランチャイズの失敗とか評判とか口コミまとめ

「フランチャイズ」という選択肢は、手段であり目的ではないという話。

これは、フランチャイズ本部さんにもフランチャイズ加盟検討者さんにも、

 

フランチャイズを紹介している方たちにも一貫して言えることなんですけれども、

 

タイトル通りで、

 

「フランチャイズ」という選択肢は、手段であり目的ではないという話。

 

なんですね。

 

 

フランチャイズ加盟検討者さんから聞かれる一番多い問い合わせは、

 

「どのフランチャイズ本部が加盟するなら良いんですか??」

「○○というフランチャイズ本部って大丈夫ですか??」

 

です。

 

そして、これが圧倒的です。

 

そして、その質問の答えは、結論から言うと、

 

ありません。

 

 

はっ??

 

って感じだと思うんですけど、

 

「ありません。」

 

実は、明確な解というのは無いんですよ。

 

 

では、どう説明できるかと言うと、

 

成功しているオーナーもいれば、花が咲かないオーナーもいるって話なんです。

 

それは、当然確率論で拡大されているフランチャイズ本部程、

 

十人十色。

 

それは、当然そうなので、

 

要は、うまく行っている人もいれば、うまく行っていない人もいるということです。

 

では、どういうフランチャイズ本部に加盟すれば良いんですか??

 

って話に戻るんですけど、

 

実際に話を聞いてみて、

 

「信頼」と「共感」

 

ができるフランチャイズ本部さんに加盟するのがベストです。

 

実は、解はそういう話で、

 

回りくどく説明する必要もない話で、

 

考える程、本質からずれて来るという話です。

 

解は、そういうことなので、考えても悩んでも時間の浪費ですので、

 

直接、話を聞いて回るということで解決されていくと考えています。

 

 

これは、補足ですが、

 

 

金融商品も投資も、

 

必ず資産運用が成功するという話はないと思います。

 

フランチャイズは、ある意味で投資的要素がかなり高い比重であります。

と、言うよりも、

 

フランチャイズは、

 

金融商品とも言えるでしょう。

 

これは、フランチャイズ加盟側にとっても、

 

フランチャイズ本部にとっても。

 

そして、投資的マインドが重視される局面もあります。

 

と、いうよりも、投資的マインドが非常に重要になって来ます。

 

ので、やはり投資の鉄則である、

 

安値でポジションを取って、

 

あとは、

 

自分の判断

 

で。

 

ということが、結局は解です。

 

そして、負けない。

必ず負けないというルールを守る。

 

ちなみに、

 

皆さんに「アグリー」されているステージでは、

まだまだその思考は甘いというのがひとつの考え方です。

 

 

周囲の人たちに、

 

「はっ??」

 

と言われる様な選択が、

 

実は、

 

最もレバレッジが効くのではないかという考え方もあります。

 

ジャッジメントして下さい^^

 

ご自身で。

 

Franchise concept. Chart with keywords and icons

Franchise concept. Chart with keywords and icons

 

This in the franchise headquarters to a franchise participation examination person,

Though it is to be able to say to people introducing a franchise throughout,

According to title,

A subject that the choice called “the home field” is means and is not a purpose.

It is what.

Most inquiries to be asked about by a franchise participation examination person,

“Which franchise headquarters is good if I join it?” ? 」

Is the franchise headquarters called “○○ all right? ? 」
And this is overwhelming.

And the answer to question judging from a conclusion,

There are none.

? ?

I think that it is って feeling,

“There are none”. 」

In fact, there is not the clear solution.

Then when I say how you can explain it,

If there is the succeeding owner, it is a story when there is the owner whom a flower does not bloom.

Franchise which naturally it is probability theory, and is extended,

So many men, so many opinions.

Because it seems to be natural,

The important thing is it means that there is the person who does not get along well if there is the person getting along well.

Then what kind of franchise headquarters should I join? ?

I return to a talk,

Really hear a story,

“Trust” and “sympathy”

But, it is the best to join the established franchise headquarters.

In fact, the solution is such a story,

By the story that is not necessary to be roundabout, and to explain,

It is a talk to deviate from essence so as to think.

Because, such being the case, the solution is waste of the time even if troubled even if I think,

I think that it is settled that direct turn around to hear a story.

This is supplementary,

As for the financial products as for the investment,

I think that there is not the story that asset use succeeds by all means.

In a sense the franchise is the specific gravity that an element of investing it is considerably high in.

Than I say ,

The franchise,

I may say the financial products.

This for the franchise participation side,

For the franchise headquarters.

And there is the situation that mind of investing it is made much of.

Mind of investing it becomes very important than it is said .

After all is an inviolable rule of the investment,

Take the position at a low price,

Afterward,

One’s judgment

is a solution after all.

And I do not lose.

I follow the rule that I do not yield to by all means.

By the way,

“It is ugly” for everybody and is stage,

It is one way of thinking to be more generous in the thought.

To neighboring people,

?” ? 」

The choice that と seems to be said,

In fact,

There is the way of thinking that leverage may work for most.

Please make judgment; ^^

In own.

 

 

9/21,22金融政策決定会合の黒田総裁の発表をうけて。

9/21,22と、ニューヨークでアメリカ・オバマ大統領が国連総会で、

 

「われわれは分断された世界に後退するのか、

より協調し融合された世界へと前進するのか、岐路に立っている」

 

と、発言しています。

 

そんな中、日本銀行より金融政策決定会合の発表がありました。

 

 

内容は、

 

「マイナス金利0.1%の持続」

「フォワードルッキングなオーバーシュート型コミットメント」

「2%の物価安定の目標」

 

金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」

 

金融機関には、日本銀行がマイナス金利を課し、

市場の貨幣流通を活発にする目的です。

 

ここから、見て行きたいのは、過去にどの様な国が、

 

中央銀行が金利操作、金融緩和を行い、

 

インフレーションを起こし、デフレーションから脱却したのでしょうか??

 

まずは、イギリス、そして、アメリカを事例にしてみて行きましょう。

 

製造業で新興国にシェアを奪われた日本。

 

モノを売る商売は、今後はっきり言うと流行らないでしょう。

 

これから求められてくるのは、本質的な意味で「先進国」としての仲間入りです。

 

そう。すなわち、「金融立国」へのチャレンジです。

 

そして、ここで学ばなければいけないことは、

 

過去のイギリスとアメリカから金融は学べるということです。

 

むしろ、学ばなくてはいけない。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

United States President Obama is the United Nations General Assembly in 9/21,22 and New York,

“Do we retreat in the divided world?”

I stand in the forked road whether it advances to the world where I cooperate more and was fused

I speak.

Meanwhile, there was announcement of the monetary policy meeting from the Bank of Japan.

The contents,

“Continuation of 0.1% of negative interest rates”

“The overshot model commitment that is Foward Looking”

“Aim of 2% of prices stability”

A new frame for monetary easing reinforcement: “Quantitative qualitative monetary easing with the length interest rate operation”

The Bank of Japan imposes a negative interest rate on the financial institution,

It is a purpose to do the money circulation of the market lively.

A country what kind of as for wanting to look from here in the past,

The central bank performs interest rate operation, monetary easing,

Inflation was caused, and would you get rid of deflation? ?

At first I will make the U.K. and the United States an example.

Japan which lost a share to the rising nation by manufacturing industry.

The business to sell a thing will not be popular when I will say clearly in future.

What have been demanded is with the friend as “the developed country” in an essential meaning from now on.

So. In other words, it is the challenge to “the finance nation”.

And having to learn here,

It means that I can learn the finance from the past U.K. and United States.

Rather you must learn.

 

 

準備とメンタルだけで、夢は叶う。

準備とメンタル。

 

これに尽きる。全ての人は能力は変わらない。

 

 

準備とメンタル。

 

学生時代のスポーツも、社会に出てビジネスの世界でも。

 

準備とメンタル、すごく大切だと思うし、

ここに尽きると思っている。

 

逆に言えば、良い準備が出来て、メンタルでそれを乗り越えることができれば、

大抵のことは結果が付いて来るのではないか。

 

 

考え方と、やるターゲットがしっかりしていれば、

あとは続けるだけ。

 

 

そして、調整しながら、合わせて行くだけ。

 

 

30歳になっても、能力って変わらないし、

準備し続けることが出来る人と、

メンタルが強い人が自分のやりたいことを叶えていると感じます。

 

いま、流行りの。

 

キャプチャ

 

 

「ポケモンGO」にはもう飽きた、というソーシャル上の声 空前の大ブームを起こしている

「Pokémon GO」(ポケモンGO)に対して、すでにソーシャルメディアでは冷笑する空気が漂いだしている。 TEXT BY EMMA GREY ELLIS

PHOTO: ZUMA PRESS / AFLO

Simplish株式会社で時給2,000円のお仕事一緒にやってくれるメンバー募集しています。

FBバイトル

バイトルさんとマイナビさんにアルバイト・パート募集入れさせて頂いております。

ライティングとかクリエイティブな企画職です。学生勿論、歓迎です。

髪型服装も働く場所も自由にして、すごくアットホームでかつ、仕事で自分の成長積めるようなスタイルです。

時間給で2,000円お出ししており、問い合わせ殺到しております。

是非、詳しい話は、

バイトルさん

http://www.baitoru.com/kanto/jlist/tokyo/23ku/chuoku/ginza/job25503431/

マイナビバイトさん

ご応募お待ちしております^^

※期間限定の募集なので、2016年6月下旬には応募終了します。

夢にときめけ、明日にきらめけ♬

いまの日本で、「やりたいことできない人は一生、どの国でもやりたいことできないよ」って話。

ちょっと前に、石原慎太郎さんが、「日本死ね」の話に、

「韓国でも中国でも行ったらいい」

って、言っていました。良い悪いは別にして、こういう話もあるということ。

ちょうど、この間、仕事でソウルに行って来たんですけど、

はっきり言うと、日本。特に東京のマーケットは素晴らしい。

それは、「教育」「医療」「IT」「ビジネス」「人材」「健康」…

全てを取ってみても、素晴らしい。

これは、はっきり言うと、揺るがないと思う。

明治維新の頃、日本の人口って、3,400万人くらいで、

今は、1億2,000万人。性別や年齢別の内訳とかを考慮しても、

この増え方と密度は異常なくらい大きい。

ピークが迫る日本の人口 ~よくわかる日本の人口①【総人口の推移と人口転換】~ 総合研究部 須藤 一紀 より引用

日本の人口は明治維新以後の 140 年間で4倍に、昭和の初めからの 75 年間で2倍になった。人口 規模は今がピークであり、今後 100 年で半減して昭和初期の水準まで戻ると予測される。

と言われています。

それで、この金融体制の充実とインターネットの拡散。

はっきり言うと、江戸末期とか、明治時代の人からして見たら、

「は?」

なわけ。

いまでも既に、大学生や24,5歳くらいの人が自分でビジネス保有している時点で、

「は?」

なわけよ。

いまは、ブログやFacebook,Twitter,Instagram…などを駆使すれば、

HPさえ要らない時代だと思っています。

むしろ、HPは要らない時代になるとさえ思っています。

と、なると、誰でも何処でも事業なんかできるようになるわけで、

あと、やるかやらないないかはあなた次第て言う話。

大企業に入って、役員まで昇り詰めるか、

自分でビジネス保有するか、

プレイヤーでガンガン仕事するか、

公務員でうまく公私と心身充実させるか、

というか、何を幸せの価値判断基準とするのか、

何故、それをやるのか。

ということが21世紀の残りの至上命題だと考えています。

それは、ものがない時代から、成長期を挟んで、

ものがある時代。つまり、飽和したからだと思います。

心身。メンタル。目には見えない、モノではない、心の部分に人が注目し始めました。

何か新しいことにチャレンジしようとしたとき、

仮にそのチャレンジがダメだったとしても。

いまいる環境くらいには戻れるなという根拠のない自信があれば、GO.

もし、仮にダメだったときに、いまの環境を再構築するのは難しいなと思うのであれば、我慢して現状を受け入れることを薦めます。

私は「チャレンジ」という言葉を形容して使いたくもないし、

ロジックのないチャレンジは可能性を感じないし、

感情も勿論、大切なんだけども、やはりロジカルに数値化できないことでさえ、

数値化して俯瞰して己を知ることも重要だと考えています。

Simplish株式会社

代表取締役社長

小川 壮史

転職や就職。仕事を決めるときの考え方4つのタイプ。

同じ様に仕事を決めるときにも、4つのタイプに分けることができる。

①どんな仕事でも成果を残せるタイプ

②職種で絞る対応

③業界で絞るタイプ

④待遇で絞るタイプ

自分はどのポジションで、どのマインドを持って、

何故、それがしたいのか??

最も重要なことは、何故、それがしたいのか??

ということ。

仕事はライフスタイルの中でも大きな比重を占めるので、

慎重に決めて行きたいですね。

そして、ワクワクできるものは何か??

を丁寧に決めて行くことが重要です。キャプチャ

起業。自分でビジネス保有する人の4つのタイプ。

市場を知ること。競合を知ること。勝っている会社を知ること。負けている会社を知ること。

これらは全て、把握する必要がある。

だけど、もうひとつ。把握する事がある。

それは自分。自分がどんなタイプなのかを把握する必要がある。

己を知りて、まず一歩目。

①どんなビジネスを手掛けても結果を残せるタイプ

②業種で絞るタイプ

③市場性で絞るタイプ

④リスク回避最優先で絞るタイプ

基本的に起業家、自信でビジネス保有する人は、この4タイプに別れる。

概ね、この4タイプのどれかに当てはまる。

自分は、どんな人財なのか。

自分は何故、やるのか。何を優先するのか。

を、自己で判断することが大切です。

改めて、

己を知りて、一歩目。キャプチャ

フランチャイズシステムのわかり易い概念。

フランチャイズシステムの概念と推移は、
業界に関係なくとも知っておいて損はない。

むしろビジネスマンであれば、
業界問わず仕組みを把握する必要がある。

何故ならば、知的財産の共有サービスだからである。
知的財産の共有という概念は、アメリカやヨーロッパなどに、
文明起源の先進国では常習として文化がある。

簡単に言うと、「モノではなく、コトに対価を支払う」という概念です。

フランチャイズシステムは実は、私たちの日常に広く。
そして深く関わりを持っています。

外出している一日であれば、ほぼ100%の割合で、
人は1回は日常でフランチャイズに触れています。

アメリカから学べることは3つ。
①Finance (金融)
②Internet (IT)
③Franchise (フランチャイズ)

何れも世界に広まっている在庫を抱えない、
知的商材です。

そして、それらは全てアメリカがキーを握っています。

 

I know a concept and the change of the franchise system regardless of the industry, and there is not the loss.

Rather it is necessary to grasp device regardless of the industry if it is a businessman.

This is because it is joint ownership service of the intellectual property.
As for the concept of the community of the intellectual property, a common custom includes culture in the developed country of the civilization origin in the United States or Europe.

Briefly, it is a concept “to pay value to Koto not a thing”.

In fact, the franchise system is wide for our daily life.
And I have a relation deeply.

For one day going out, the person touches the home field by daily life at the rate of approximately 100% once.

Three that I can learn from the United States.
①Finance (finance)
②Internet (IT)
③Franchise (franchise)

It is intellectual quotient materials holding stock spreading out in the world neither.

And, as for all of them, the United States holds a key.

フランチャイズの考え方。Simplish株式会社【フランチャイズパーク】

【重要まとめ】※フランチャイズパーク

オーナーとしてフランチャイズビジネス、
そしてフランチャイズシステムを利用することは、
ある種「投資」的要素があります。

それは、「幾ら投資をして、幾ら、いつまでにリターンが見込めるか」を、
定量的に判断する必要があります。

オーナーにとってフランチャイズ加盟の代表的メリットは、
①ノウハウと商標利用の権利を得て、収益までの時間を買うこと
②既存事業と派生するフランチャイズを選択すれば、レバレッジが見込める

逆にデメリットは、
①人、立地、季節要因が外部要因となり得、なかなか計画通りに進まない可能性がある。
②人の部分での成果の振れ幅が大きい

です。

戻ると、フランチャイズ加盟に於いて大切なことは、

「幾ら投資をして、幾ら、いつまでにリターンが見込めるか」を、
定量的に判断する必要があります。

そして、その判断基準は、

①実際に加盟しているオーナーの話を聞く
②立地や季節要因を実際に体感してみる(下見、シミュレーション)

です。

 

The way of thinking of the franchise. Simplish Co., Ltd. [franchise park]

[important summary 】※ franchise park]

As for using franchise business and a franchise system as an owner, an element of “investing it” is it in a certain kind.

As for it, it is necessary to judge it quantitatively “I invest it, and how much you can anticipate a return how much by when”.

For an owner the representative merit of the franchise participation,
①With know-how and a right of the trademark use, buy time to profit
②I can anticipate leverage if I choose existing business and a franchise to be derived

Adversely the demerit,
①A factor can become the outside factor in a person, a location, a season and may not readily advance As scheduled.
②Touch width of the result in the part of the person is big

Being important in franchise participation when I come back,

it is necessary to judge it quantitatively “I invest it, and how much you can anticipate a return how much by when”.

And the criterion,

①I really hear the story of an owner joining it
②I try to really sense a factor bodily in a location and a season (preliminary inspection, simulation)