Reality.(More TOKYO to the World)

佐賀県唐津市「竹屋」(うなぎ)、「つく田」(寿司)人気店です。川崎宗則さん御用達。

先日の東京FMで、

 

川崎宗則さん。通称ムネリンが言っていた、

 

「唐津の美味しいウナギ屋さん」

 

行って来ました^^

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

川崎宗則さんの奥さんの実家が唐津の様で、

 

毎年、きっちりオフシーズンには唐津に顔を出すみたいですね。

 

素晴らしい。

 

そして、店主さんと女将さんの対応も素晴らしかったです。

 

福岡博多に行く際には、唐津まで足を伸ばすと良いかもしれません。

 

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

 

博多市内から、空港線、直通唐津線で1時間ちょっとくらいです。

 

海岸沿いの景色は、こんな感じです。

 

 

そして、

 

ミシュラン寿司の名店、

 

「つく田」

 

さんです。

 

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

 

美味しかったです。

 

唐津なら、

 

お鮨は「つく田」

唐津「つく田」お寿司

 

うなぎは「竹屋」

唐津「竹屋」うなぎ

 

でしょう。

 

福岡博多から行く価値、あります。

 

In Tokyo FM of the other day,

Munenori Kawasaki. Popular name Mune-Lin said,

“Delicious eel person of Karatsu”

^^ which went

The parents’ house of the Mrs. Munenori Kawasaki is like Karatsu,

I seem to come to Karatsu every year in just off-season.

Splendid.

And the correspondence of a storekeeper and a proprietress was splendid, too.

When you go to Fukuoka Hakata, you should get out a foot to Karatsu.
From the Hakata city, it is just a little over one hour in airport line, direct Karatsu line.

The scenery along the shore is such a feeling.

And,

Well-known store of the Michelin sushi,

“The field which is turned on”
It was delicious.

Karatsu,

The sushi “Tsukuta”
The eel “Takeya”

There is value to reach from Fukuoka Hakata.

 

黒田総裁「日本の労働市場における新たな挑戦」(ジャパン・サミット2016)

2016年10月21日に、

 

日銀黒田総裁により、

 

「日本の労働市場における新たな挑戦」

 

というお話がありました。

 

円高に注目が集まり、11月には米大統領選が控え、

更にヨーロッパでは、グレートブリテンのユーロ離脱によるポンド下落、

ドイツ銀行の株価下落など、不安定要素が山積みなわけですが、

そもそも、活発に何処かで経済活動が進んでいるから、

 

情勢は動くわけなので、決してネガティブな状況ではないと考えています。

 

さて、冒頭の、

 

黒田総裁「日本の労働市場における新たな挑戦」(ジャパン・サミット2016)

 

について。

 

今回は、3つ大事なことを述べられています。

 

それは、日本の労働市場が、

 

「技術革新」「グローバル化」「 人口動態の変化への対応」

 

という新たな挑戦に直面しているということです。

 

要は、

 

技術革新に伴い、

 

今までの働き方とは違ってきていますよね??

 

という話です。

 

すなわち、

 

よく働く、という概念の、その「よく働く」という考えと行動の価値観が推移して来ている、

 

という話です。

 

つまり、今までの高度経済成長を遂げていた頃に様な働き方をは、

 

異なる働き方が、今後求められてくるのではないですか??

 

ということを伝えているのだと考えています。

 

その中でも、私が最も気になった箇所は、

 

==

高齢者 や女性の労働参加率の引き上げは、政府の政策の重要な柱の一つとなってい ます。

==

 

こちらです。

 

積極的な労働市場への労働力の参入です。

 

これは、要注目しておいた方が良い話の類です。

 

働き方は、生活がある以上、人と生活において親密な関係があるからです。

 

日本の労働市場における新たな挑戦

 

%e6%97%a5%e9%8a%80

 

On October 21, 2016,

By President Bank of Japan Kuroda,

“New challenge in the labor market of Japan”

There was a talk.

Strong yen attracts attention, and a U.S. presidential election has it in November,

Furthermore, in Europe, I decline pound by the euro secession of Great Britain,

The unstable element including the stock price of Deutsche Bank fall is the reason that is a big pile, but,

In the first place because economic activities advance somewhere lively,

Because it works, I think the situation not to be at all the negative situation.

By the way, of the beginning,

The President Kuroda “new challenge in the labor market of Japan” (Japan summit 2016)

It is.

It is spoken that three are important this time.

It the labor market of Japan,

“Innovation” “globalization” “correspondence to the change of population dynamics”

It means that I face the challenge that is new.

The important thing is,

With innovation,

Do you come unlike a conventional way of working? ?

It is a talk.

In other words,

The thought and sense of values of the action “to act well” of the concept to act well change,

It is a talk.

In other words way of working をは which is a state when I accomplished conventional rapid economic growth,

Has a different way of working not been demanded in future? ?

I think that I convey.

The point where was interested in me most in that,

==

The raise in labor participation rate of an elderly person and the woman becomes one of the important pillars of the policy of the government.

==

Yes.

It is an entry of the work force to the aggressive labor market.

This is a kind of the stories that the pivot should pay attention to.

Since there is life, the way of working is because I have close relation to a person in life.

New challenge in the labor market of Japan

 

1泊2日でマカオの吉田さんに香港経由でお会いさせて頂きました^^

行って来ましたよ。

 

マカオ特別行政区。そして、香港特別行政区。

 

土日で羽田から1泊2日で十分辿り付けますね。

 

金曜 @銀座

土曜 @香港

日曜 @マカオ

月曜 @銀座

 

みたいな、ちょっとタイト目なスケジュールでしたが、羽田から4時間くらいで着くので、

苦にならないですね。

 

是非、香港まで足を伸ばしたら、マカオまで満喫して下さい。

 

というより、マカオメインでOKです。

 

 

そして、今回。

 

P&M management 最高経営責任者 吉田 様

 

に、グランラパマカオのラウンジに24時集合からの、

朝4時くらいまで、金融と投資とマカオ事業を余すことなく言葉と行動で教えて頂きました。

 

最後に連れて行って頂いた、中華料理屋さん物凄く美味しかったです^^

 

マカオの吉田さんの、ブログはこちらです。

 

吉田正臣@マカオの観光はガイドチャーター専門店で。

 

マカオの吉田さんのブログ、【お会いしました!】シリーズの第一回目に選出頂き光栄です。

 

Twitterはこちらから。

 

吉田正臣 P&M management Twitter

 

 

ザ パリジャン マカオ(The Parisian Macao) 5つ星ホテル

 

%e3%83%91%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3

 

それにしても、圧巻でしたね。

 

マカオのコタイ地区の中心部に位置するThe Parisian Macaoは、豪華なショッピングモール、屋外プール、ウォーターパークを提供するフランスがテーマのホテルです。フランスを象徴するエッフェル塔のレプリカ(実際の半分のサイズ)を併設しています。

 

 

9/21,22金融政策決定会合の黒田総裁の発表をうけて。

9/21,22と、ニューヨークでアメリカ・オバマ大統領が国連総会で、

 

「われわれは分断された世界に後退するのか、

より協調し融合された世界へと前進するのか、岐路に立っている」

 

と、発言しています。

 

そんな中、日本銀行より金融政策決定会合の発表がありました。

 

 

内容は、

 

「マイナス金利0.1%の持続」

「フォワードルッキングなオーバーシュート型コミットメント」

「2%の物価安定の目標」

 

金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」

 

金融機関には、日本銀行がマイナス金利を課し、

市場の貨幣流通を活発にする目的です。

 

ここから、見て行きたいのは、過去にどの様な国が、

 

中央銀行が金利操作、金融緩和を行い、

 

インフレーションを起こし、デフレーションから脱却したのでしょうか??

 

まずは、イギリス、そして、アメリカを事例にしてみて行きましょう。

 

製造業で新興国にシェアを奪われた日本。

 

モノを売る商売は、今後はっきり言うと流行らないでしょう。

 

これから求められてくるのは、本質的な意味で「先進国」としての仲間入りです。

 

そう。すなわち、「金融立国」へのチャレンジです。

 

そして、ここで学ばなければいけないことは、

 

過去のイギリスとアメリカから金融は学べるということです。

 

むしろ、学ばなくてはいけない。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

United States President Obama is the United Nations General Assembly in 9/21,22 and New York,

“Do we retreat in the divided world?”

I stand in the forked road whether it advances to the world where I cooperate more and was fused

I speak.

Meanwhile, there was announcement of the monetary policy meeting from the Bank of Japan.

The contents,

“Continuation of 0.1% of negative interest rates”

“The overshot model commitment that is Foward Looking”

“Aim of 2% of prices stability”

A new frame for monetary easing reinforcement: “Quantitative qualitative monetary easing with the length interest rate operation”

The Bank of Japan imposes a negative interest rate on the financial institution,

It is a purpose to do the money circulation of the market lively.

A country what kind of as for wanting to look from here in the past,

The central bank performs interest rate operation, monetary easing,

Inflation was caused, and would you get rid of deflation? ?

At first I will make the U.K. and the United States an example.

Japan which lost a share to the rising nation by manufacturing industry.

The business to sell a thing will not be popular when I will say clearly in future.

What have been demanded is with the friend as “the developed country” in an essential meaning from now on.

So. In other words, it is the challenge to “the finance nation”.

And having to learn here,

It means that I can learn the finance from the past U.K. and United States.

Rather you must learn.

 

 

15分のアポイント。15 minuites appointment.

アポイントって、普通30分~60分枠くらいだと思うじゃないですか。

 

でも、それって決めつけていますよね。

 

スケジュール詰めている人とか、

 

時間をリソースだと強く意識している人が、

 

この世の中には存在しているということ。

 

 

時間に対する意識なので、

 

個人差があるのだけど。

 

やはり、アポイントってコミュニケーションなわけだから、

 

なるべくお互いが近寄らないといけない。

 

 

で、

 

 

レベル高くなってくると、

 

 

本当に15分しか、時間いただけなかったり、

 

 

15分しか時間取れなかったりする。

 

 

で、

 

 

言いたいことは、

 

 

15分で伝えたいこと伝えられなかったり、

 

 

15分でヒアリングしたいことできなかったり、

 

 

15分で時間を活用できなかったら、

 

 

貴方は、何分あっても時間を活用できない人です。

 

 

 

意識すること。

 

そして、実践すること。

 

 

相手の立場になれば、それは必ず自分の身になる。

 

 

コミュニケーションじゃねーか。

 

ね、

 

 

コミュニケーションしよう。

 

 

11359-02

 

When appointments are usually frames for from 30 to 60; right?

But it labels it.

With a person cutting down a schedule,

The person who is strongly conscious of time when it is a resource,

Existing in this world.

Because it is consciousness for the time,

There is individual difference.

After all because an appointment is the reason that is communication,

Each other should approach if possible.

Well

When a level becomes higher,

Only for 15 minutes, I can really have at time and,

I can get only 15 minutes at time.

Well

Wanting to say,

Stream down it in 15 minutes and is not told with a drum and,

Hear it in 15 minutes; with a drum,

If I cannot utilize time in 15 minutes,

It is the person who cannot utilize time even if there is you how many minutes.

Be conscious.

And practice it.

It becomes one’s body by all means if I put myself in the partner’s shoes.

Communication .

You see

Let’s communicate.

1920年代のドイツのインフレーションから世界大戦。It is the World War from inflation of the 1920s in Germany.

1914-1918。

 

人類史上初めて、近代兵器のぶつかり合いが起きた。

 

産業革命が17世紀にイギリスで興じ、

 

人類が蓄積した技術の一部が、戦争と言う形で地球上に再現された。

 

 

1919年、ドイツの敗戦という形で終焉した。

 

そして、

 

1919年、ヴェルサイユ条約が締結された。

 

 

その後、パリ講和会議で戦争賠償がドイツに求められた。

 

内容は、

 

フランスは自国の損害を1320億金マルクに達すると算出しており、フランス一国で1110億金マルクを請求し、ドイツが120億金マルクを42年間支払い続ける案を提出している。しかしイギリス側はドイツにその能力がないと反論している[24]。対独融和的なイギリスと対独強硬であるフランスの意見は対立し、協議は難航した1920年6月21日のブーローニュ会議では2690億金マルクという総額が暫定的に定められ、7月のスパ会議では賠償金配分がフランス52%、イギリス22%、イタリア10%、ベルギー8%、日本0.75%、ポルトガル0.75%であるとなり、残りの6.5%はユーゴスラビア、ルーマニア、ギリシャを含めた協定非署名国のため留保すると定められた[25]。11月にはドイツが賠償支払いを履行しない場合にはルール地方またはドイツ全土の占領が定められた。

 

 

要は、お金と、履行しなかったら土地もらうよって話。

 

 

特に、先陣切って賠償求めたのが、

 

 

フランス。

 

 

そして、ドイツは賠償金がとうとう支払えなくなった。

 

 

ルール地方が、割譲された。

 

 

そして、ドイツは国内に紙幣が足りなくなったので、

 

 

紙幣を大量に刷った。

 

 

これが、ハイパーインフレーション。

 

要は、

 

 

お金をたくさん出回らせたから、物価が上がった。

 

 

1923年初頭には、

 

パン1個 250マルク

 

だったのが、

 

年末には、

 

 

パン1個 399,000,000,000マルク

 

に。

 

 

とろあえず、クルマ1台に紙幣ガン詰めして、

やっとパン1個変える感じ。

 

 

そして、

 

台頭したのが、

 

 

ナチス。

 

 

アドルフヒトラー率いる、ナチス。

 

 

そして、彼らが何をして、何をもたらしたかは、ご存知の通り。

 

そして、第二次世界大戦でドイツがフランスにした行為もご存知の通り。

 

 

何を伝えたいかと言うと、

 

 

インフレーションには必ず要因がある。

 

 

そして、世界史上、インフレは起きていて、

 

 

そこが、歴史が変わるタイミングだということ。

 

 

だから、金融とかはしっかり歴史軸と、現代軸と、

 

 

そして知識を持っておいた方が良いということ。

 

 

金融。そして、歴史。

 

 

これは、これからの先進国日本が身に付けていくべきこと。

 

 

そして、

 

教えて行くこと。

 

 

nisa-account_140625

 

1914-1918.

The human was the first it in history, and the conflict of the modern weapon happened.

The Industrial Revolution has fun in the U.K. in the 17th century,

A part of the technique that the human accumulated was reproduced in form to be called war on the earth.

In 1919, I ended in form called the defeat of Germany.

And,

In 1919, Versailles Treaty was concluded.

War compensation was demanded from Germany afterwards at Paris peace conference.

The contents,

France calculates the damage of the own country when I reach 132 billion mark and requests 111 billion mark in French one country and submits the plan that Germany continues paying 12 billion mark to for 42 years. However, the British side argues that Germany does not have the ability [24]. The strong French opinion to Germany was opposed to the conciliatory U.K. to Germany, and the total sum of 269 billion mark was established temporarily in the Boulogne meeting of June 21, 1920 when the discussion ran into difficulties, and it was when indemnification distribution was France 52%, U.K. 22%, Italy 10%, Belgium 8%, Japan 0.75%, Portugal 0.75% in the spa meeting in July and was established when remaining 6.5% reserved it for the agreement fault signatory nation which included Yugoslavia, Romania, Greece [25]. When Germany did not carry out compensation payment in November, occupation of the Ruhr or the whole land of Germany was determined.

The important thing is I talk when I get land if I do not carry it out with money.

Particularly, what demanded compensation best of van

France.

And Germany was not able to pay a ransom after all.

The Ruhr was performed cession of.

And because, in Germany, paper money was not enough in the country,

I printed paper money in large quantities.

This is hyper inflation.

The important thing is,

Because they let money sell a lot, prices rose.

In early 1923,

One bread 250 marks
At the end of the year,

One bread 399 billion marks

Pack it in a paper money cancer to one car without tossing fatty tuna,

At last a feeling to change one bread.

And,

What gained power

The Nazis.

Nazi who leads Adolf Hitler.

And as I know they are what doing, and what you brought.

And as I know the act that Germany made France in World War II.

When I say what you want to convey,

There is a factor for inflation by all means.

And, in world history, the inflation is taking place and,

There being the timing when the history changes.

Therefore with finance well with a history axis and a modern axis,

And having knowledge.

Finance. And it is the history.

Developed country Japan in the future wearing this.

And,

What I tell.

 

 

 

起業したい人は、代理店に就職しなさい。The person who wants to make a company find a job in the agency.

起業したいなーって思っている学生さんや、20歳代の人が多いです。

 

 

起業するので、お客様が付いてこないと出来ないんですけど、

 

お客さんを付ける一番早い方法は、

 

 

お客さんに直接会える環境を日常から作っておくことです。

 

 

要は、

 

お客さんになってくれるであろう人たちと既に仕事をしていて、

 

 

自分が起業する時に、

 

 

「起業します。○○というサービスやります。是非、乗って下さい」

 

 

これで一撃です。

 

 

つまりは、クライアントさんも、会社と会社の取引でもあるけど、

 

 

人と人の取引でもあるということです。

 

 

そして、

 

 

お客さんが付けやすい業種があります。

 

 

それが、

 

 

代理店です。

 

 

インターネット代理店、テレビの代理店、新聞の代理店…

 

 

代理店は、クライアントとメディアの仲介をしたり、

 

取引業者や知り合う会社の数も必然と多くなります。

 

 

なので、非常にビジネスを立ち上げるには良い環境と言えます。

 

「独立起業したいなー」って考えている人には、

 

代理店で経験値と決断を積むことを薦めています。

 

sunshine-1024x683

 

There are many a student and people in its twenties who think when I want to make a company.

Because I make a company, it is not possible when a visitor does not come,

The earliest method to send a visitor with,

It is to make the environment that can meet a visitor directly from daily life.

The important thing is,

Have already worked with people who will become a visitor,

When oneself makes a company,

“I make a company”. ○I have service called ○. Please get on

It is a single blow in this.

In other words a client is business of a company and the company, too,

It means that it is the business of a person and the person.

And,

There is a type of industry that a visitor is easy to acquire.

It,

It is an agency.

Internet agency, agency of TV, agency of the newspaper…

The agency mediates the media with a client and,

The number of business supplier and companies getting to know increases with necessity.

So it may be said that it is good environment to stand, and to achieve business very much.

To the person who thinks when “I want to make an independent company ,”

I suggest that I acquire an experience level and decision at an agency.

読書は読むな。見ろ。Do not read the book. Look.

読書。

 

これは、深いんだけど、とにかく著者が一生懸命生きて書いた本が、

 

1,000円とか1,500円で知ることができる教養である。

 

多い人で、週に10冊。

 

少ない人で、1ヶ月に1冊とかマチマチだけど、

 

だいたい読書量の目安としては、週に2,3冊でも十分かと思う。

 

 

多読家の人の読書量としては、

 

1日1冊とか、1日2,3冊は普通に読みこなして行く。

 

多読するには、読むのではなく、見る必要がある。

 

見る。

 

 

表紙を見た後、作者の来歴を見る。

 

目次を見る。そして、冒頭から読むのではなく見流す。

 

だいたい、30分~1時間くらいですね。

 

1冊読了するのに。

 

これは慣れれば、必ず身に尽きます。

 

速読に近いですね。

 

これが身につくと、とてつもない読書量になります。

 

 

そして、膨大な読書量を引き出すには、これしかありません。

 

 

そして、世の多くの読書家が実はこれを実践しています。

 

 

本は読むな。見ろ。

 

F2012092008315700742

 

Reading.

The book which, anyway, an author lived in this hard though it was deep and wrote,

It is the culture that I can know for 1,000 yen or 1,500 yen.

In many people, it is ten books in a week.

In few people, it is various with one book a month,

Generally, for the aim of the reading, I think even two or three books whether it is ten minutes in a week.

For the reading of the person of the person of many readings,

Two or three books a day comprehend one book a day commonly.

I do not read to make many readings, and it is necessary to look.

Look.

After having watched a cover, I watch the origin of the author.

I watch a table of contents. And I do not read and look and drain it from the beginning.

Generally it is from 30 minutes to one hour.

So that one book finishes reading.

This is simply the position by all means if used.

Speed reading is near.

When the body has this, it becomes the awful reading.

And there is only this to draw enormous readings.

And, in fact, many readers of the world practice this.

Do not read the book. Look.

 

 

会社は3ヶ月で辞めなさい。Leave the company in 3 months.

これは、会社を辞めた方が良いというわけではなくて。

 

そもそも、あえて会社を3ヶ月で辞める前提で入社した方が、

 

生産性が高まります。って話です。

 

 

3年はやりなさいって話あるんだけど、

 

3年やってその先どうなるかわからないんだから、

 

3年という時間を投資するリスクよりも、

 

 

もし自分が今の環境に何らかの不満があるのなら、

 

 

決断して、環境を変える方が良いということです。

 

会社を3ヶ月で辞めた人は、

 

決断をしたということです。

 

環境の変化を恐れなかったということです。

 

 

これからは、こういうタイプの人が求められます。

 

自分で決断ができて、環境の変化を恐れない人。

 

なので、

 

逆説的ですが、

 

 

会社を3ヶ月で辞めた人は、ある意味で優秀です。

 

というわけで、

 

 

会社は3ヶ月で辞めなさい。

 

※今の環境で充足があるのなら、そのまま夢や目標に向かって努力すれば良いと思います。

 

※【参考】今の環境に満足している人は、全体の2割程度しかいません。

 

201007160829301fc

 

This should not leave the company and.

In the first place the one that entered the company on a premise to leave the company daringly in three months,

Productivity increases. It is a talk.

We have a talk for three years when I do it,

Because I do not know I do it for three years, and what happens to the point,

Than a risk to invest the time called three years in,

If oneself is some kind of one which I am dissatisfied with in the present environment

I decide it, and it means that you should change environment.

The person who left the company in three months,

It means that I decided it.

It means that I was not afraid of an environmental change.

The person of such a type is demanded from now on.

The person who I can decide it by oneself, and is not afraid of an environmental change.

So,

Paradoxical,

In a sense the person who left the company in three months is excellent.

Therefore,

Leave the company in three months.

※If there is sufficiency in the present environment, I think that you should just make an effort towards a dream and an aim.

※[reference] the person satisfied with the present environment has only 20% degree of the whole.